その"オタぶり"が明らかになってきた神田沙也加 恩師の声優・速水奨からも太鼓判

70

2014年07月09日 23:40  おたぽる

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

おたぽる

写真日本テレビ『しゃべくり007』公式ページより。
日本テレビ『しゃべくり007』公式ページより。

 7月7日放送の『しゃべくり007 七夕2時間スペシャル』(日本テレビ)に、神田沙也加が出演。『アナと雪の女王』をきっかけにブレイクを果たした神田は、ロリータファッションの愛好者であることや、もともと声優志望で、声優学校に通っていたことなど、それまで知られていなかった彼女のオタクな横顔が知られてきた。



 今回の『しゃべくり』で神田は、アニメ『美少女戦士セーラームーン』に始まり、10月から自身も舞台に出演する『ダンガンロンパ』、そのほか『妖狐×僕SS』『ギルティクラウン』『マクロスFRONTIER』などにハマッたということも明かした。また、声優を志したきっかけは、アニメではなく、シミュレーションゲーム好きが高じたためと説明。神田曰く「ゲームに登場するキャラターはそれまでただの絵柄だったため、そのキャラに声を吹き込むことで、そのキャラの"命になりたい"」と思ったのが声優を志したきっかけだとか。



 また、番組では神田が挙げた会いたい人物4人にブッキング。神田がリクエストしたのは、ミュージカル俳優の吉野圭吾、サカナクションの山口一郎、声優の速水奨、演出家のジョン・ケアードの4人。面識はないがライブに足を運ぶほどのファンだというサカナクションと、何度かミュージカルで一緒になったケアードの2人はスタジオに来られなかったものの、吉野と速水がスタジオに登場した。



 吉野は元劇団四季のミュージカル俳優で、『モーツァルト!』『ダンス・オブ・ヴァンパイア』といった大作に出演している人物。二枚目も三枚目もこなす彼を、本当に尊敬しているという。番組MCの一人・堀内健が吉野にダンス勝負を挑む場面があったが、吉野が見事なダンスとセリフ回しで堀内を圧倒し、ほかのMCメンバーから「バラエティ向き!」と絶賛されるという場面も。また、尊敬する人にダンス勝負を仕掛けた堀内に対して神田は「オーディションを受けてから(そういうことを)やってください!」と半ギレ気味に場を和ませた。



 一方の速水は『超時空要塞マクロス』のマクシミリアン・ジーナス、『無責任艦長タイラー』のマコト・ヤマモト、『BLEACH』の藍染惣右介や『Fate/Zero』の遠坂時臣役などで知られるベテラン声優。現在は「ドワンゴ クリエイティブ スクール」で若手声優の指導をしており、そのときの生徒が神田だったとのこと。速水は声優としての神田を「オーケストラで例えれば、すべての楽器が鳴っている状態。あとはそのコントロールだけつければよい」と評し、神田の才能に太鼓判を押した。



『アナと雪の女王』でふたたび注目を集め、声優としての力量、オタクな一面など、いろいろな横顔が知られることとなった神田。今後、どんなジャンルに活躍の場を求めるのか、引き続き注目したい。



このニュースに関するつぶやき

  • これ見てた!速水さんダンディーでした!そして、神田沙也加はリアルにガチオタだなwww
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 速水奨さんだとexclamation & question観たかった( ;∀;)観たかった( ;∀;)観たかった( ;∀;)
    • イイネ!6
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(15件)

あなたにおすすめ

ニュース設定