80年代伝説のカルチャー誌復刊、季刊誌「宝島AGES」で新たな挑戦。

81

2014年12月25日 06:05  ナリナリドットコム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ナリナリドットコム

写真写真
宝島社は12月25日、1980年代にバンドブームや原宿ファッションなどのサブカルチャーを牽引した「宝島」を、季刊誌「宝島AGES(エイジズ)」として復刊する。価格は880円(税込み)。

「宝島」は1973年に創刊して以来、日本のサブカルチャーを牽引してきた雑誌。特に80年代の「宝島」はその後の日本のロック、ストリートファッションに大きな影響を与えた。RCサクセション、YMOという時代を作ったアーティストを世に広め、また、今のカジュアルファッションの礎となるヒステリックグラマー、MILKなど数々のブランドが「原宿ファッション」を広め、その後の「裏原ブーム」を作り出したデザイナーたちも「宝島」に連載を持っていた。

当時の読者のなかからも今のトップクリエーターが育ち、最近では彼らの口から「もっとも影響を受けたのは『宝島』だった」と語られることが多くなっている。

今回の「宝島AGES」は、いま様々な世代でトップに立ったクリエーターを結集して、「伝説のカルチャー誌」を復刊し、「雑誌メディアが世の中に大きな影響を与えることを取り戻す実験、挑戦」(同社より)。

第1号では、RCサクセションやザ・ブルーハーツ、ラフィンノーズ、有頂天といったパンク・ニューウェイブの音楽シーンから、ファッションブランド・MILK、ヒステリックグラマーなどが生み出した原宿ストリートカルチャー、80年代伝説のクラブ「ピテカントロプス」などのDJ/クラブ・カルチャー、「戦争」と「平和」をキーワードにした対談などを特集。常に新しい視点や価値観を提供していた「宝島」ならではのコンテンツを発信している。

各企画に登場する面々も「よしもとばなな×町田康の対談企画」をはじめ、しりあがり寿や中森明夫、渋谷直角、綾小路翔、ヒャダインなど。80年代の「宝島」で活躍していた人々から当時の読者まで、「宝島AGES」ならではの豪華な顔ぶれとなっている。


Narinari.comってどんなサイト?
http://www.narinari.com/
元記事はこちら:http://www.narinari.com/Nd/20141229432.html



このニュースに関するつぶやき

  • 過去の栄光にすがって思い出話をするだけなら絶対実験は失敗すると思う・・・。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 『ビックリハウス』も復活悲願!!【】
    • イイネ!9
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(26件)

あなたにおすすめ

ランキングトレンド

前日のランキングへ

ニュース設定