なぜ異物混入模倣犯罪が起きるのか?その原因と対策

3

2015年01月19日 12:01  教えて!goo ウォッチ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

教えて!goo ウォッチ

写真なぜ異物混入模倣犯罪が起きるのか?その原因と対策
なぜ異物混入模倣犯罪が起きるのか?その原因と対策
ぺヤングのカップ焼きそばの虫混入、日本マクドナルドのさまざま異物の混入などの事件が世間を騒がせている。それに便乗するかのように、スーパーに陳列されているスナック菓子の箱に「つまようじ」を突き刺しいれる模様がYouTubeに1月11日、アップロードされ大きな話題となった。18日、容疑者と見なされる少年(19歳)が滋賀県内で逮捕されたが、このようなネットを使った模倣事件はどうして起こるのか。「おしトピ by 教えて!goo」で聞いて見たところ、こんな声が寄せられた。 「異物混入に便乗? スナック菓子に「つまようじ」入れる「いたずら動画」に批判殺到」 ■ネットによる自己顕示欲の暴走 「何が面白いのか……残念な人過ぎる」(aikoさん)、「“かまってちゃん”でしょ?孤独感を持っていて、欲求不満でもあるから、不特定多数の人に自分が“見られたい”と願ってる人」(tombanさん)、「自動車同様に、ネットも免許制にしなければならないのですかね」(横浜みな電さん)、と呆れた犯罪という印象の回答が多く見られた。 セキュリティの専門家はこの事件をどう受け止めているのか。ITコンサルタント、チェックフィールド代表取締役の目代純平さんに聞いてみた。 「昨今、大きな企業による食品の異物混入事件が続いており、マスコミなどでも非常に多く取り上げられています。その中でこのような犯罪行為が行われ、かつ、自分で撮影してYoutubeなどに上げる行為はまさに“自己顕示欲”つまり“自分に注目してほしい”という心理の現れだと思います」と分析。 誰でも多少の自己顕示欲は持っており、facebookやtwitterなどに写真やいろいろなコメントを載せるのも友人のコメントなど反応がほしいから。それがエスカレートしてこのような犯罪行為で注目を集めるケースが起こるという。 ■模倣犯を減らすことはできるのか では、こうした模倣犯を減らす方法はあるのか? 「今回の行為はれっきとした犯罪行為ですから、きちんと逮捕して“このようなことをすると必ず見つかって警察に捕まる”ということを示すことが重要です。子どもに多いですが(たまに大人もいます)、いまだに“インターネットへの投稿は匿名なので捕まらない”と思い込んでいるケースがあるからです(学校に火を付ける、駅に爆弾を仕掛けたなどの投稿を2chにしたりするようなケースなど)」 インターネットへの接続は必ず記録されており、犯罪行為があれば本気で警察が動き、既存の法律によって裁かれるということを子どもの時からきちんと教えることが重要と言える。 このような幼稚とも思える事件。未成年だから、ネット上だからといって許されることではない。不審な動画や書き込みを見つけたら、警察に通報したほうがいいだろう。 ○ITコンサルタント、チェックフィールド代表取締役の目代純平さん 1976年東京生まれ。1996年中央大学総合政策学部政策科学科入学。大手電機メーカーの学生インターンメンバーとして次世代加入者系無線アクセスシステム(Wireless Local Loop)の研究開発などに携わった後、1999年有限会社チェックフィールドを設立、2006年にプライバシーマーク取得し、株式会社に組織変更する。 教えて!goo スタッフ (Oshiete Staff)→記事一覧

このニュースに関するつぶやき

  • マスゴミが面白がってニュースで流すからだよ。無視すりゃ〜いいんだ。後追い取材とかするから本人も勘違いして調子に乗るんだよ。---
    • イイネ!29
    • コメント 13件

つぶやき一覧へ(1件)

関連ワード

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定