スーパーGT富士テスト:午後はクラッシュ相次ぐセッションに。カルソニックGT-Rが首位

6

2015年03月23日 18:40  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真スーパーGT富士メーカーテスト1日目午後のトップタイムをマークしたカルソニックIMPUL GT-R
スーパーGT富士メーカーテスト1日目午後のトップタイムをマークしたカルソニックIMPUL GT-R
 スーパーGTの富士メーカー合同テストは23日、1日目午後のセッションが行われ、カルソニックIMPUL GT-Rがトップタイムをマーク。GT300クラスはKSF Direction Ferrari 458が最速となった。

 1日目午前のセッションから、間にピットロード解放が行われ、多くのファンで賑わいをみせたスーパーGT富士メーカーテスト。14時からスタートした1日目午後のセッションは薄曇りの中でスタート。事前のルーキーテストで起きたパーツのトラブルにより、この日は朝から走行できなかったPACIFIC McLaren with μ'sをのぞく各車が周回を重ねていった。

 途中一度車両回収のために赤旗が出たが、その後セッションは順調に推移。GT500クラスのマシンは今年もホームストレートで時速300kmオーバーのスピードが記録されるなど、第2戦富士の盛り上がりを感じさせるセッションとなった。

 しかし、開始から1時間15分ほどというところで、ARTA NSX CONCEPT-GTが1コーナーからコカコーラコーナーに向かう途中で姿勢を乱し、リヤからクラッシュしてしまう。

「ニュータイヤでタイヤテストにいこうとしたアウトラップだったのですが、ホイールスピンが起きてハイサイドのようになってしまいました」というのはドライブしていた野尻智紀だが、ARTA NSX CONCEPT-GTはリヤエンドを大破してしまう。

 そのARTA NSX CONCEPT-GTのクラッシュにより即座に赤旗が出るが、ENEOS SUSTINA RC Fがピットから出た直後のタイミングで、ENEOSは1コーナーで前にGT300車両がいたため減速。そこへアウトラップ2周目だったZENT CERUMO RC Fが冷えたタイヤで十分に減速しきれず、ENEOSのドア付近とZENTのフロントが接触してしまった。

 また、同時にセクター3ではオイルがコース上に流れており、この赤旗は長時間出されることになってしまう。クラッシュした3台はその後走行することができなかった。

 赤旗再開後は大きなクラッシュなくセッション終了。GT500クラスはカルソニックIMPUL GT-Rがこのセッションのベストタイムで、KEIHIN NSX CONCEPT-GT、MOTUL AUTECH GT-Rと続くことに。クラッシュしたZENT CERUMO RC Fが4番手となった。

 GT300クラスは、最高速も281km/hを記録し非常に高いポテンシャルをみせたKSF Direction Ferrari 458がトップタイム。岡山から続く好調ぶりをみせた。2番手はStudie BMW Z4が続き、今回早くもサイドに改良を施してきているGT300マザーシャシーのVivaC 86 MCが3番手につけている。

 2日目となる24日は、午前9時30分から2時間ずつの走行が行われる。

このニュースに関するつぶやき

ニュース設定