京都丹後鉄道、北近畿タンゴ鉄道から「WILLER TRAINS」へ新体制で運行開始

9

2015年04月02日 17:52  マイナビニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真写真提供:マイナビニュース
写真提供:マイナビニュース

北近畿タンゴ鉄道は4月1日から、WILLER ALLIANCE子会社「WILLER TRAINS(ウィラートレインズ)」が運営する「京都丹後鉄道」として再スタートを切った。


北近畿タンゴ鉄道は宮福線(福知山〜宮津間)と宮津線(西舞鶴〜豊岡間)の2路線からなる第3セクター鉄道だったが、厳しい経営が続いていたため、施設保有と鉄道運行事業を切り離すこととなり、昨年5月にWILLER ALLIANCEを運行事業の最適提案事業者に選定。新会社「ウィラートレインズ」が第二種鉄道事業者として鉄道運行事業を引継ぎ、鉄道会社としての北近畿タンゴ鉄道は鉄道施設や車両を保有する第三種鉄道事業者として存続することとなった。


運行事業の移譲にともない、鉄道名が「京都丹後鉄道」(丹鉄)に変更されたほか、従来の宮津線は宮津駅を境に「宮舞線」(西舞鶴〜宮津間)と「宮豊線」(宮津〜豊岡間)に路線名を変更。計7駅で駅名も変更された。今後、運転士の制服や各駅の看板、福知山駅構内も、よりわかりやすくスタイリッシュなデザインへと変更されるという。


京都丹後鉄道予約情報サイトも新たに開設。観光列車「丹後あかまつ号」「丹後くろまつ号」の予約や企画乗車券の販売を行うほか、丹後・但馬エリアの観光情報発信やアテンダント日記の更新などを行い、丹鉄で移動するきっかけ作りやファン獲得をめざす。2015年度の利用人員目標は210万人とのこと。


(佐々木康弘)



☆マイナビベアのミクシィ部屋で人気の記事公開中☆

このニュースに関するつぶやき

  • 旧北丹鉄道の復刻車両があったらいいなあ… という妄想を呟いてみる。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 駅名標が東急池上線に似てるw
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定