ホーム > mixiニュース > コラム > 受験勉強にも使える!? 高校生におすすめのイヤホン

受験勉強にも使える!? 高校生におすすめのイヤホン

0

2015年05月25日 16:11  スタディサプリ進路

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

スタディサプリ進路

写真写真
通学中に音楽を聴いたり、スマホで動画を楽しんだり、いろいろな場面で使う「イヤホン」。
とはいえ、「安いものでいいや」と、イヤホン自体にはあまりこだわらずに買っている人が多いのでは?

でも、イヤホンにはたくさんの種類があり、機種によって音の聞こえ方がかなり違ってくるのだとか!

そこで、イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン秋葉原店」の副店長・中村徹(ニックネーム:カイヤ)さんに、ジャンル別でおすすめのイヤホンを教えてもらった。


■スマホで動画を見るときにおすすめ!

「M1+」(ミューズ)2680円(税込)




「動画を見る時は、爆発音や人が動く音など低い音がよく聞こえたほうが迫力や臨場感が出ます。こちらの機種は、本体が木でできていることで、低音がよく聞こえて、音の広がりがあるんです。また、この機種のような木製のイヤホンは、耳ざわりがよいまろやかな音が出るという特徴もあるので、鳥のさえずりなどの自然の音や、クラシックを聴くのにもおすすめですね」



■英語の発音を聞きながら覚えたい人はコレ!

「IX3000」(ミュイクス)4480円(税込)




「英語の発音などを聞くときは、声や滑舌がよく聞こえたほうがいいですよね。この機種は、一つひとつの音がかなりハッキリ聞こえるように設計されているので、どんな風に発音しているかまでしっかりと聞き取れるんです。また、音楽を聞く場合でも、メロディより声が強調されるので『歌声をクリアに聞きたい』という人にもおすすめですね。ちなみにこのイヤホンは、ケーブルの形が平面な『フラットケーブル』になっています。フラットケーブルは絡みにくいので、カバンの中にポンと入れておいても安心ですよ」




■ライヴ感覚でロックを楽しみたい人に!

「HAーFX33X」(ケンウッド)3830円(税込)




「ロックなど生演奏をしている楽曲の場合は、ベースやバスドラムなど重低音が強調されると、迫力が出てライヴに近い感覚を楽しむことができます。この機種は、イヤホン本体が大きめに作られていて、たくさんの空気を振動させて音を出しているので、重低音が体に響くような感覚を味わえます。ライヴ音源を聞くのにもピッタリですね」


■アイドルソング、アニメソングが好きな人におすすめ

「IX1000」(ミュイクス)3480円(税込)




「アイドルソングやアニソンは、人の声に楽器、シンセサイザー(電子オルガンなどの電子楽器)の音と、かなり音数が多いんです。そのため、ガチャガチャとうるさく聞こえてしまう場合もあるのですが、このイヤホンはいろいろな音があっても、全体としてまとまって聞こえるので、キレイなハーモニーになるんです。また、イヤホンの本体部分に左右に動かせるツマミがあり、低音重視のモードと、高音重視のモードが調節できるようになっています。男性が歌う曲を聞きたいなら低音モード、女性なら高音モードと、曲に合わせて使い分けできるのも魅力ですね」


■スポーツをしながら音楽を楽しみたい人に!

「MDRーAS400EX」(ソニー)2088円(税込)



「ランニングなど、体を動かしながら音楽を聞いていると、振動によりイヤホンが耳からズレて、音が聞こえにくくなってしまいます。こちらの機種は、耳にフックをかけて装着するタイプで、フックの長さを自分の耳に合わせて調節できるので、動いても外れにくいんです。また、水濡れに強いタイプなので、汗でイヤホンが濡れても安心ですよ」


機種によって、こんなに違いがあるんだ! 好みや用途に合わせてイヤホンを選べば、音楽を聴くのがもっと楽しくなるかも!

※価格は「e☆イヤホンWEB本店」を参照

取材協力:イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン秋葉原店 (http://www.e-earphone.jp/)」
秋葉原(東京)、日本橋(大阪)に店舗を構えるイヤホン&ヘッドホンの専門店。常時、約2000機種以上の視聴ができる。

    あなたにおすすめ

    前日のランキングへ

    ニュース設定