ホーム > mixiニュース > トレンド > 住まいの部位別・事故別に「家の中での子どもの安心安全を考える」パナソニックが公開

住まいの部位別・事故別に「家の中での子どもの安心安全を考える」パナソニックが公開

0

2015年05月26日 17:02  MAMApicks

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

MAMApicks

写真写真
パナソニックが運営する、子どもと暮らす住まいのカタチを提案するWEBサイト「ウチトコ」では、新たな特集企画「家の中での子どもの安心安全を考える」を公開した。


子どもの事故が一番多く発生するのは、屋外ではなく家の中。とくに1歳児の事故発生場所の78%は家の中であり、そのなかでもリビングが最も多いという。(=国立成育医療研究センターに導入した傷害サーベイランスシステムに収集した15,159件の傷害データより分析した結果)

今回の特集では、子どもの安心安全を考えた住まいの空間づくりについて、住まいの部位別、あるいは「転倒・転落」や「誤飲・誤嚥」など起こりうる事故のパターン別に紹介している。また、そうした事故を未然に防ぐための同社おすすめ製品も合わせて紹介する構成となっている。

「ウチトコ」は、子どもの成長と家族の暮らしを考え、キッズデザインに幅広い事業領域で取り組んでいる同社による独自コンテンツ。過去には「リビング学習がはかどる家族の快適空間」「子どもの自主性を育むための工夫」といった特集を展開している。

子どもと暮らす住まいのカタチ「ウチトコ」|Panasonic
http://sumai.panasonic.jp/uchitoko

    関連ワード

    あなたにおすすめ

    ニュース設定