ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 70代の100%が「朝食を食べる」と回答、ただしその内容は意外な結果に・・・?

70代の100%が「朝食を食べる」と回答、ただしその内容は意外な結果に・・・?

5

2015年07月03日 12:10  QLife(キューライフ)

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

QLife(キューライフ)

シニアの朝食、「ごはん派」は少数!?

 多忙な毎日、つい朝食を抜いてしまう人も多いでしょう。ところが、朝食を食べる習慣がある人ほど「日々の充実度」は高いそうです。シニア向けの宿泊予約サービスを提供する株式会社ゆこゆこによる、50代以上の会員を対象にした調査で明らかになりました。

 今回の調査では、全体の95.8%が「朝食を食べる」と回答。年代があがるほど朝食を食べる人が多く、70代以上は100%に。しかも、朝食前にストレッチやラジオ体操をする人も多く、朝の貴重な時間を健康的に過ごしていることがうかがえました。

 朝食に何を食べているのかを聞いたところ、意外にも「ごはん派」が41.1%で「パン派」は47.1%。女性では、「ごはん派」32.7%、「パン派」51.3%に。年代があがるほどパン人気は高く、70代以上では「パン派」が49.8%に達しました。

パンを食べるなら全粒粉がおススメ

 これら朝食の摂取状況別に「日々の充実度」を聞いたところ、「充実している」と回答したのは、朝食を食べる人では86.7%。朝食を食べない人の74.6%を上回り、朝食を食べる習慣のある人の方が、日々の充実をより感じていることがわかりました。

 この結果について、東北大学 加齢医学研究所 所長の川島隆太氏は、「小児では朝食を食べる頻度が下がると学力や体力が低下し、成人では午前中のやる気が減少、性格がだらしなくなり、仕事上のストレス感が増えることなどがわかっている」と、朝食の重要性を指摘。

 また、パン食について、「日本でよく食べられている白いパンは、血糖値が上がりやすい代表的な食品」で、「シニア層には糖尿病のリスクを高める」とコメント。パン派の人には、「血糖値の上がりにくい全粒粉のパンがお勧め」とのこと。参考にしてみてはいかがでしょう。(下玉利 尚明)

関連リンク

⇒元の記事を読む

このニュースに関するつぶやき

  • 若ければ若いほど、朝食を食べないほどに貧乏で、その分、高齢者が不労所得を得ているという話しですね。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 正直、もうそんくらいまで長生きしたなら、血糖値だなんだとか云うてないで、白くてフカフカやわらかなパンが好きなら、それ食わせてやればよいではないですか、と思う。
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

関連ワード

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

ニュース設定