ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 日焼けした肌がカサカサになるのはなぜ?紫外線と肌乾燥のメカニズムを解明

日焼けした肌がカサカサになるのはなぜ?紫外線と肌乾燥のメカニズムを解明

2

2015年07月30日 12:10  QLife(キューライフ)

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

QLife(キューライフ)

謎だった日焼けで肌が乾燥する理由

 夏本番を迎えて、気になるのが日焼けによる肌へのダメージ。紫外線はシミやしわの原因となり、肌の老化を促進させることはよく知られています。この肌の老化現象には、酸化によって変質したタンパク質である「カルボニルタンパク」が関係していることが分かっています。

 光が当たった肌には、このカルボニルタンパクが多く存在し、冬の乾燥性皮膚にもカルボニルタンパクが多いなど、肌の水分量との相関関係があることも近年の調査で明らかになっていました。しかし、カルボニルタンパクが肌を乾燥させるメカニズムは謎でした。

 今回、東京工科大学応用生物学部の正木仁教授らの研究チームは、肌に存在するカルボニルタンパクが皮膚の保湿機能を低下させるという仮説を立てた上で、検証実験を実施。その結果、カルボニルタンパクが肌の乾燥を引き起こすメカニズムが解明されました。

肌乾燥を促進する「ループ」とは?

 実験によって明らかになったのは、カルボニルタンパクと活性酸素の「ループ」。紫外線を肌に照射すると活性酸素が生成され、これが角層細胞内タンパクの「カルボニル化」を促進します。カルボニルタンパクは、紫外線が当たることでさらに活性酸素を生成するのです。

 また、ブタの皮膚を使った実験では、角層がカルボニル化すると皮膚の水分量が低下し、乾燥性皮膚になることも確認されました。つまり、活性酸素とカルボニルタンパクの生成ループが、肌の乾燥を引き起こしていることが判明したのです。

 今回の研究によって得られた結果は、紫外線を浴びた肌が乾燥するメカニズムを明らかにし、スキンケアの重要性を裏付けるものになりました。今回の研究成果をスキンケア化粧品や日焼け止め化粧品に応用することで、保湿しながら紫外線対策ができるようになるかもしれません。(林 渉和子)

関連リンク

⇒元の記事を読む

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定