ホーム > mixiニュース > トレンド > にぎって描ける石ころ型クレヨン「いしころーる」でお絵かきがアートに

にぎって描ける石ころ型クレヨン「いしころーる」でお絵かきがアートに

0

2015年08月20日 12:01  MAMApicks

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

MAMApicks

写真写真
ペン型クレヨンがまだ上手に使えない幼児でも、自然と手になじむ形をしたクレヨンが発売されて注目を集めている。それが石ころの形をしたクレヨン「いしころーる(icicolor)」だ。


クレヨンでのお絵描きときくと、まずは描きたいものの輪郭を最初に描いた上で色を塗る、という使い方をイメージするが、「いしころーる」の場合はまだそうした発想に至らない幼児でも扱いやすく、自由に絵を描くことができるのが特徴。

同商品の開発に関わったのは、幼児の造形活動について研究をしている、東京造形大学の石賀直之准教授。

「子どもの大好きなお絵かきのなかで『最初に輪郭線を描いてから、その中に色を塗る』と決めつけてしまうのは問題があります。そうすると、思ったような線がうまくかけなかったり、あるいは色を塗る際に線をはみだしてしまったりすることが“失敗”となるからです。絵をかくことはもっと自由であるはずです。ゴシゴシする、ぐるぐる回す、そんな素朴な行為のなかに絵を描く楽しさは含まれています」(石賀氏)

「誰もが好きだったはずの描くことの喜びを感じられるクレヨン」を追求して開発された「いしころーる」。その特異な形状から、角度を変えるといろいろな線をひくことができるほか、6色を自由に組み合わせることでさまざまな色を表現できる。

お絵かき以外にも、硬貨や葉っぱなどの上に紙をかぶせてこすることで写し取って楽しんだり、テーブルや紙にふせんを組み合わせて貼り付けて、その上に紙をかぶせてこすることで、さまざまな模様を写し取ることができる。この遊び方が思いもよらないアートな作品を生み出してくれる。

手や衣服にもつきにくく口に入れても安心な素材で、米国の画材安全基準であるAPマークを取得済み。赤、橙、黄、黄緑、緑、青の6色セットで商品価格は1,490円(税込)。百貨店や量販店、インターネット通販でも購入できる。



いしころーる|株式会社あおぞら
http://www.aozorapark.jp/syouhin/aozora_syouhin_icicolor.html

    あなたにおすすめ

    ランキングトレンド

    前日のランキングへ

    ニュース設定