ホーム > mixiニュース > トレンド > 【東京モーターショー2015】エコでスマートな最新カー一気見せ!(FCV編)

【東京モーターショー2015】エコでスマートな最新カー一気見せ!(FCV編)

0

2015年11月05日 10:10  FUTURUS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

FUTURUS

写真FUTURUS(フトゥールス)
FUTURUS(フトゥールス)

『東京モーターショー2015(10月30日〜11月8日・東京ビッグサイト)』が好評開催中だ。

今回のショーでは、今まで以上に最新テクノロジーを駆使し、環境も重視したコンセプトカーが数多く出展されている。そんなエコでスマートな最新カーの中で、最近特に注目されているのがFCV(燃料電池車)だ。

水素と酸素を化学反応させることで電気を作り、電動モーターで走るFCV。

ガソリンを燃やさないために排ガスはゼロ、排出するのは水だけ。しかも、EV(電気自動車)と違い、航続距離は普通のガソリン車並みといいことずくめだ。

そんな、次世代ビークルとして注目されているFCVの、東京モーターショーモデルを紹介しょう。

小型シティコミューター「FCV PLUS」

トヨタが出展したのは、都市部での使用をイメージしたFCV小型コミューター『FCV PLUS』だ。

水素と水で電気を発電するFCスタックを小型化することで、軽量・コンパクトな車両サイズを実現。

ボディサイズは、全長3,800mm、ホイールベース3,000mm、全高1,500mmで、小型のFCスタックはフロントタイヤ間に、水素タンクはリヤシート後方にレイアウト。

4輪インホイールモーターの採用で、走行性能もなかなかだ。

インテリアには、軽量・高剛性の3D骨格構造も採用し、内装トリムやシートデザインも斬新だ。

フロント床下やリヤタイヤ側面には、非接触給電パネルも装備する。

これにより、『FCV PLUS』にためた電気を、家や他のクルマ、様々な社会インフラへ給電することも可能。クルマに新たな価値を創造する、まさに新世代のコミューターだと言えよう。

レクサスの次期フラッグシップ「LF-FC」

th_1H3A3729

トヨタの高級車ブランド、レクサスからもFCVのコンセプトカーが登場!

次期フラッグシップとして出展された『LF-FC』は、フロントフェイスにおなじみスピンドルグリルを採用。

全長5,300mm×全福2,000mm×全高1,410mmの大型セダンボディは、ラグジュアリー感も満点だ。

th_1H3A3730

高出力のFCスタックやパワーコントロールユニットは、エンジンコンバートメント内に配置。メインの駆動はリヤタイヤだが、フロント2輪にインホイールモーターも搭載することで、4輪での駆動が可能だ。

また、前後の駆動力制御をきめ細かく行うことで、高次元で安全な操縦安定性も実現する。

ほかに、自動運転技術やドライビングをサポートする次世代マシンインターフェイスなども採用。

レクサスの旗艦にふさわしい、最先端かつ充実の装備が投入されるそうだ。

ついに市販決定!「CLARITY FUEL CELL」

th_1H3A3685

今年発売されたトヨタの『MIRAI』に続き、ホンダからもFCVの市販モデルが発表された。

全長4,895mmのセダンボディを持つ『CLARITY FUEL CELL』。

注目は、世界で初めて燃料電池パワートレインをセダンタイプのボンネット内に配置したことだ。

そのために、燃料電池スタックや発電システムを小型化、燃料電池パワートレイン自体も3.5L・V6エンジン並みの大きさとすることに成功。

大人5人がゆったりと座れるインテリアを実現している。 th_1H3A3682

また、ホンダセンシングなどの運転支援システムも標準装備し、安全性も考慮。

クルマにためた電気を家電などの電気器へ供給できる、外部給電器『パワーエキスポーター9000』と組み合わせれば、アウトドアなどレジャーユースはもちろん、停電時の非常電源としてクルマを使えるなど、新しいクルマの使い方ができるのも注目点だ。

価格は7,660,000円。2016年3月より国内でリースを開始、その後順次一般でも販売する予定だ。

【画像】

※ TOYOTA FCV PLUS – TOYOTA Global Newsroom

    関連ワード

    ニュース設定