ホーム > mixiニュース > トレンド > 【東京モーターショー2015】エコでスマートな最新カー一気見せ!(HV/PHV編)

【東京モーターショー2015】エコでスマートな最新カー一気見せ!(HV/PHV編)

0

2015年11月05日 22:00  FUTURUS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

FUTURUS

写真FUTURUS(フトゥールス)
FUTURUS(フトゥールス)

好評開催中の『東京モーターショー2015(10月30日〜11月8日・東京ビッグサイト)』。

今回のショーでは、従来以上に環境に配慮し、最新テクノロジーを搭載した次世代ビークルの展示が多いが、中でもPHEVやHVと言ったハイブリッド車はかなりの数が出展されている。 4輪はもちろん2輪にも注目のモデルがずらり。幾つかピックアップして紹介しよう。

コンパクトSUVはじめ、コンセプトカーがずらり

コンパクトSUVやクロスオーバーは、今や世界的に人気のモデルだ。

その次世代コンセプトカーにハイブリッドシステムを搭載したクルマを、トヨタや日産が発表している。

th_1H3A3616b

まず、日産の『GRIPZ CONCEPT』。

ジュークの後継? とも思えるクロスオーバースタイルが目を引くモデルだ。

ガルウイングタイプのフロントドアとスーサイド式リヤドアを持つ2+2タイプのボディを採用。

th_1H3A3618b

パワートレインには、EV技術をベースにしたシリーズ・ハイブリッドEVシステム『Pure Drive e-Power』を搭載する。

これは、ガソリンエンジンで発電した電気で電動モーターを駆動させることができるもの。

三菱アウトランダーPHEVなどでは、すでに採用されている技術とほぼ同じものだ。リーフと同じ大容量モーターを搭載し、電動モーターのみでの走行でも、リニアな加速が楽しめる。

th_1H3A3749

一方、トヨタの『C-HR Concept』は、ダイヤモンドをモチーフとした、コンパクトでスピード感溢れるスタイリングを採用したモデルだ。

ハイブリッドシステムに採用されるモーターや電池は、可能限りの小型化を敢行。

エンジンも40%以上の熱効率化を施すことで、さらなる低燃費を追求している。

全長は4,350mm×全幅1,850mm×全高1,500mm。2016年には、さらに市販仕様に近づけたモデルも発表されるというから、今から楽しみだ。

ほかにも、ホンダの新型『NSX』。

th_1H3A3671

スバルの『VIZIV FUTURE CONCEPT』。

th_1H3A3731

フォルクスワーゲンの『TIGUAN GTE CONCEPT』。

th_1H3A3860

などなど、ハイブリッドシステムを搭載したコンセプトカーはかなり数が多い。

また、ホンダの『NEOWING』のように、3輪車のハイブリッド車も登場。

th_1H3A3670

バイクの加速感と3輪による安定性、ハイブリッドによる高い燃費性を併せ持つ注目モデルだ。

参考出品や市販予定車にも多数

また、参考出品車でも、ハイブリッドを搭載したモデルが多数登場していた。

日産では、『X-TRAIL』のハイブリッド。

th_1H3A3831 th_1H3A3712

BMWでは、『330e』(上)や『225xe Luxury』(下)といったPHEV(プラグインハイブリッド車)が登場。

いずれも、自宅で充電ができる『BMW iウォールボックス』と一緒に展示されてていた。

th_1H3A3723

市販予定車もチェックしてみると……。

th_1H3A3751

トヨタの新型『PRIUS』(市販予定車)も日本初登場。

アウディでも『Q7 e-tron 2.0 TFSIクアトロ』

th_1H3A3871

などなど、まさに百花繚乱!

ハイブリッド車が、これからの主流になることを実感できるラインナップの多さだった。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定