ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 仕事と介護の両立、悩み尽きず

働きながら介護をするための介護休業制度、会社員の約9割が利用していない理由とは?

86

2015年11月09日 12:00  QLife(キューライフ)

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

QLife(キューライフ)

「会社に制度はあるが利用していない」人も約3割

画像はリリースより

 高齢化が進み、介護が必要なお年寄りが増えるなか、働きながら家族を介護している人も増えています。ただ、介護は体力的、精神的にも負担が大きく、仕事との両立が困難で離職する人も多いのが現実。そのため国は、一定期間休業できる介護休業制度を定めています。

 しかし、株式会社富士通マーケティングの調査では、家族を介護している30歳以上の会社員200人のうち、この制度を利用した人はわずか11.5%。約9割が利用していないことがわかりました。「会社に制度がない」も約3割、「制度があるかわからない」も約2割に達しています。

 「会社に制度はあるが利用していない」人も多く約3割に。その理由を聞いたところ、「今後、現在より休業が必要な状況が来るかもしれないから」が33.3%で最多でした。介護休暇を分割して取得できるようになれば、もっと積極的に活用できるのかもしれません。

仕事と介護の両立、尽きない悩み

 一方、仕事と介護を両立させている人でも約6割が「精神的疲労」を感じ、「留守中に介護する人の様子や状態が心配」、「経済的負担」などの悩みがあることも明らかに。在宅型介護の悩みでは「身体的疲労」が、施設型では「介護の実態が見えない」が多くあげられました。

 また、自分が介護を受ける時のための備えでは、76%が「介護費用」と回答。次いで「生活費のための貯蓄」が63.5%で、金銭面を気にしている人が多いようです。「健康管理・体力作り」も36%で、介護状態になりたくないという気持ちを持っている人も多くいます。

 介護休業制度の施行から3年が経過しましたが、取得率は高くありません。仕事と介護を両立するために有効なこの制度。厚生労働省は、介護休業を分割取得できるよう法改正を検討していますが、企業側にも休業しやすい環境づくりが求められているのではないでしょうか。(林 渉和子)

関連リンク

⇒元の記事を読む

このニュースに関するつぶやき

  • 「自分が介護している間、代わりに妻(夫、兄弟姉妹、息子娘)が働きます」みたいにすれば問題解決かも。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 両立出来るのは介護に専念できるよく出来た身内がいる場合か、潤沢なお金があって外部に頼める人くらい、基本、両立できるわけが無い。
    • イイネ!26
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(32件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定