ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > IT総合 > 部屋を解析するスマートなスピーカー!空間に最適化された音楽を奏でる「HiddenHUB」

部屋を解析するスマートなスピーカー!空間に最適化された音楽を奏でる「HiddenHUB」

0

2015年11月10日 18:10  FUTURUS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

FUTURUS

写真FUTURUS(フトゥールス)
FUTURUS(フトゥールス)

久しぶりに仕事が早く終わった時は、家でゆっくり過ごしたい場合もあるだろう。

酒でも飲むか、テレビをだらだら観るか、音楽でも聴いてボーッとするか……。

好みは様々あるだろうが、今日は音楽を豊かにするアイテムについて語りたい。それは家全体を音楽で包み込むことのできる『HiddenHUB』だ。

部屋を解析して最適な音楽を奏でる

『HiddenHUB』は、タイムレスなデザインをしたスマートスピーカーだ。その特徴はサウンドシステムにある。

部屋の形状にあわせて音を出すことができる没入型のシステムを取っている。

仕組みとしては、内蔵されているインテリジェントセンサーと独自のロジックボードを使用することで、部屋のレイアウトを解析。

周波数を分析しながら均等で豊かなサウンドを生成する。これによって部屋のどこにいても均一な音楽が聴けるようになっている。

本体にはBluetoothを搭載。スマホをはじめとしたBluetooth搭載のプレイヤーから『HiddenHUB』を経由して音楽を愉しむことができる。

Bluetooth経由だと音質が気になるところではあるが、優れた音響システムを作り上げることで、元の音楽情報を100%再現するように設計されているとのことだ。

また、『HiddenHUB』に対応するスピーカーを持っていれば、あらゆる部屋の音響設定を一元的に管理することができる。ボタン一つで独自の5GHz帯のWiFiオーディオストリーミングネットワークを形成し、各部屋のスピーカーの音量や選曲の設定ができる。

また、本体にはLED照明も内蔵されており、暗闇の中でもぼんやりと淡い光を放つ。もちろんこれもタッチ一つで消灯できる。

iPad程度のサイズ感でスペースをとらない

スペースを取らないこともメリットの一つと言えよう。大きさはiPad程度の大きさで、本棚やリビングのテーブルに置いてもいいし、壁に取りつけることも可能だ。

空きスペースの多くない日本の家屋にこそマッチするスピーカーかもしれない。

『HiddenHUB』は、クラウドファンディングサイトのKickstarterで資金調達中だ。現在は早期割引キャンペーン中で359ドルで本体を購入可能。

同じシリーズの『HiddenRadio2』(スピーカー)を付ける場合は、599ドルで購入する権利が付与される。

家を没入感のあるサウンドで満たしたいという方はいかがだろうか。

【参考・画像】

HiddenHUB | Wireless HD Audio Meets Timeless Design – Kickstarter

    ニュース設定