ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 相談しにくいオシリの悩み「痔」、その原因第1位は?

相談しにくいオシリの悩み「痔」、その原因第1位は?

5

2015年11月24日 12:00  QLife(キューライフ)

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

QLife(キューライフ)

10万人以上が苦しむ痔に関する意識調査を実施

 患部の場所が場所だけに、なかなか他人に打ち明けづらい病気の「痔」。その種類には「いぼ痔」、「切れ痔」、「痔瘻」があります。2011年に行われた厚生労働省の調査では、いぼ痔患者は11万6,000人で、切れ痔と痔瘻の患者は2万6,000人と報告されています。

 多くの患者が悩んでいる痔ですが、人に知られたくない、患部を医者に見せるのが恥ずかしいといった理由から、病院で治療を受けていない人も多いのではないでしょうか。そこでクラシエ薬品株式会社は、20代から60代の男女を対象とした痔に関する意識調査を行いました。

 調査対象者1,001人のうち、痔の症状を持っている183人にその原因について聞いたところ、49.2%が「便秘」と回答。便が硬くなると排便時に肛門に圧力がかかり、出口が切れて切れ痔になったり、肛門付近の毛細血管がうっ血したりしていぼ痔を発症すると考えられます。

痔予防のために心がけたい食生活とリラックス

 原因は他にも、「下痢」や「ストレス」、「座りっぱなしなど同一姿勢による血行不良」、「食生活」にあるとする人も。こうした原因を見ると、じつは誰もが痔になる可能性があると言えるでしょう。では、痔の予防のためにどんなことに気を付ければ良いのでしょうか。

 まずは、食生活から考えてみてはいかがでしょうか。バランスのいい食事を心がけ、辛い食べ物やお酒はほどほどに。水分のこまめな補給も大切です。食事以外では、ストレスをためない、長時間同じ姿勢を続けない、正しい排便習慣を身につける、お風呂にゆっくりつかるなども効果的です。

 もちろんつらい時は、恥ずかしがらず病院へ。症状が重くなる前に適切な治療を受けるようにしてください。(下玉利 尚明)

関連リンク

⇒元の記事を読む

このニュースに関するつぶやき

  • 便はアルカリ性で、直腸や肛門に傷があると炎症を引き起こすと聞いた。細菌類もたくさんいるだろうし、仕方ない病。自分は、今のところまだ大丈夫。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 便はアルカリ性で、直腸や肛門に傷があると炎症を引き起こすと聞いた。細菌類もたくさんいるだろうし、仕方ない病。自分は、今のところまだ大丈夫。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定