ホーム > mixiニュース > トレンド > ポルシェのピュアEV「ミッションE」が2020年を目処にデビュー、走りは鮮烈なスポーツカー

ポルシェのピュアEV「ミッションE」が2020年を目処にデビュー、走りは鮮烈なスポーツカー

1

2015年12月10日 06:10  FUTURUS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

FUTURUS

写真FUTURUS(フトゥールス)
FUTURUS(フトゥールス)

ポルシェがEVに本気になった。

フランクフルト・モーターショーでワールドプレミアされた、ピュアEV『Mission E』を2020年末、正式に発売することを決定。

EVで先行するテスラを追撃する。

ポルシェ「Mission E」の魅力


動画を別画面で再生する

ポルシェ初となるピュアEVの『Mission E』は、4ドア・4シーターにもかかわらずポルシェらしいデザインを身にまとい、走りは鮮烈なスポーツカーに仕立てている。

搭載するモーターは最高600馬力以上を発揮、0-100km/h加速は3.5秒以下、最高速度は250km/h、航続距離は500kmに達し、このスペックはライバルと目されるテスラ『モデルS』を強く意識している。

駆動方式はAWD(4輪駆動)で『Le Mans 24時間レース』に参戦した 『Porsche 919 hybrid』のドライブ・システムを受け継いだ、新開発のものとなる。

テスラ『モデルS』は、よくも悪くもアメリカ車らしい大味な乗り味であったのに対し、ポルシェ『Mission E』はドイツ車らしい、精緻な乗り味になるだろう。

ディーゼル・ゲート事件の影響

ポルシェはVW傘下の企業で、その他のグループ企業、Audiやランボルギーニといったブランドとうまく棲みわけを行い、ラインナップを用意、モータースポーツ活動を行っている。

VWがディフィート・デバイスを使い、不正を働いたディーゼル・ゲート事件の影響により、経営陣は刷新、グループとしてもクリーン・ディーゼルからハイブリッド、EVへと一気に舵を切った。

『Mission E』の発売にゴーがかかったのも、この影響があるだろう。

EVはこれまでエコばかり注目されてきたが、ポルシェが作るEVは“スポーツ”であることを訴求することだろう。

エンジンでは達成できなかった、新しいスポーツドライブの世界が広がるに違いない。

【参考・画像】

Mission E – Porsche

※ World premiere for Porsche Mission E – PORSCHE

【動画】

※ Concept Study: Mission E – Tribute to tomorrow. – YouTube

    あなたにおすすめ

    ランキングトレンド

    前日のランキングへ

    ニュース設定