ホーム > mixiニュース > トレンド > 走りが進化した「新型プリウス」6万台受注で納車は5ヶ月待ち!?

走りが進化した「新型プリウス」6万台受注で納車は5ヶ月待ち!?

5

2015年12月14日 11:40  FUTURUS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

FUTURUS

写真FUTURUS(フトゥールス)
FUTURUS(フトゥールス)

トヨタ自動車が、6年半ぶりにハイブリッドカー『プリウス』を12月9日、モデルチェンジした。

同モデルは、これまでも歴代に渡って米国でワールドプレミアされており、4代目となる今回の『新型プリウス』も例外では無い。


動画を別画面で再生する

新開発となる、共通プラットフォームの採用や設計・生産手法の改革『TNGA』(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)の初導入、デザインの熟成などにより、開発スケージュールが当初の計画より長引いたことから、これまでの北米オートショー(デトロイトショー)に代わって、ラスベガスで9月8日に公開された。

これまでに無いアメリカンなデザインを採用

米国で初披露した後、欧州では9月15日にフランクフルトショーで、日本では10月末の東京モーターショーでそれぞれデビューを果たしている。

挑戦的な表情のフロントマスクや、ウェッジ(前傾姿勢)を強く効かせた米人好みのエクステリアデザインからは、従来以上に米国市場を強く意識していることを窺わせる。

特に、リヤフェンダー部の両サイドに張り出した特徴的な羽状レリーフがそれを如実に表わしている。

同車の最大のウリである燃費性能は、開発期限のギリギリまで改良が続けられ、最終的に40.8km/Lと大台の壁を突破。

ハイブリッドシステムの軽量・コンパクト化やボディーの高剛性化に加えて、リヤサスペンションを上級クラスに使用されるダブル・ウイッシュボーン式にグレードアップ。

駆動用バッテリーを荷室から車両の中央付近に移動して動的運動性能を高めるなど、低燃費に加えて“走る楽しさ”についても、より高レベルで実現したとしている。

報道によると、トヨタは2016年のプリウス販売計画台数を35万台に設定したそうで、米国では来年1月に発売、その後約120カ国・地域で順次販売する計画としている。

大ヒットモデルとなった『3代目プリウス』では、発売と同時に受注が殺到、生産が追いつかず、大幅な納車遅れが発生したことから、今回は万全の生産体制を敷いていると言う。

11月末から同社の堤工場で生産が始まっており、来年9月からは高岡工場でも生産される予定。

既に6万台受注、納期は来春以降

既にCMの放映も始まっており、11月初旬から開始した国内受注は何と6万台に達していると言う。


動画を別画面で再生する

トヨタでは、年初から国内生産台数を増強してこれに対応するそうだが、それでも今からオーダーした場合、納車が来春以降と、やはり4〜5ヶ月程度はかかるようだ。

販売店も新たな取り組みとして、試乗コースを工夫する方針のようで、年初に開催する試乗会では従来の市街地に加えて、コーナーリング性能の良さを体感できるコースを取り入れる模様。

そうしたことからも、『新型プリウス』に対するトヨタの意気込みと自信のほどが窺える。

CMで福山雅治氏が「ま、乗ってみなきゃワカンナイけどね」と語っているとおり、新型の“走り”の進化は自身で体験してみるのが一番だろう。

【参考・画像】

TOYOTA、新型プリウスを発売 – TOYOTA Global Newsroom

【動画】

※ プリウス Video Catalog – YouTube

※ 【プリウス】先生と犬 見に行く篇 – YouTube

このニュースに関するつぶやき

  • 新型プリウス(4代目)に試乗できました、内外装と合わせてどうぞ。 http://youtu.be/DgaBjshfoAY
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 法人向けも含む、かな?昨日黒の実車を見ましたが、正直絶句しました。最近のトヨタデザインは分からん。ホントに。
    • イイネ!5
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

ニュース設定