ホーム > mixiニュース > トレンド > バンバンやって猫を守る?乗車前に叩こうボンネット!日産「#猫バンバン プロジェクト」

バンバンやって猫を守る?乗車前に叩こうボンネット!日産「#猫バンバン プロジェクト」

0

2016年01月28日 06:00  FUTURUS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

FUTURUS

写真FUTURUS(フトゥールス)
FUTURUS(フトゥールス)

猫は快適な場所を探す天才だ。

夏は涼しいところ、冬は暖かいところをちゃんと探し出し、そこでゴロゴロとのどを鳴らしながら昼寝する。う〜ん、なごむ(筆者は猫好きなので)。

ところが、たまに、駐車している“クルマの隙間”に迷い込んでしまう困った子もいる。

特に、冬場はエンジンルーム内やタイヤの間などは、猫にとって暖を取りやすい場所。「快適ニャ〜」と入り込みスヤスヤ〜、なんて事も多い。そんな時、ドライバーが猫の存在に気づかずエンジンを始動させたら……考えたくもない悲劇である。

筆者宅の箱入り娘たち(メス猫2匹)のように、室内飼いで外に絶対出たがらないから安心だが、野良猫や外で遊ぶ習慣がある飼い猫なら、かなり心配だ。

「うちの猫が、もしクルマで昼寝中に事故にあったら」、そんな気持ちになる愛猫家の方も多いだろう。

不慮の事故を防ぐ、「#猫バンバン プロジェクト」

そんな不慮の事故を未然に防ごうと、日産が現在行っているのが『#猫バンバン プロジェクト』だ。

これは、「クルマにもぐりこんだ猫を逃がせるように、クルマの乗車前には必ずボンネットを“バンバン”と叩こう!」という事を、ドライバーに呼びかける運動だ。

日産では、昨年11月から公式TwitterやFacebook上で「#猫バンバン」を発信。多くの反響を得ている(SNS参考値:Twitter投稿:7.930リツイート、2.649いいね/Facebook投稿:25,255いいね!、10,851シェア、710コメント)。

また、更なる認知拡大を図るために、1月26日からは特別サイトもオープン。

サイトでは、プロジェクトの概要を説明すると共に、上のオリジナルマグネットステッカーの配布も開始している。

ステッカーがもらえるのは、抽選で100名、応募は2月3日(水)17:00までだ(筆者は早速応募した)。欲しい人はサイトに急ぐべし!

そして先述のハッシュタグ「#猫バンバン」を拡散させ、認知を拡げよう。

ともあれ、こんなプロジェクトを展開するとは、日産もなかなかの猫好きの模様。好感度上がったかも。

「やっちゃえニャ〜、日産!」

【参考・画像】

#猫バンバン プロジェクト

※ 公式Twitterアカウント

※ 公式Facebookページ

    関連ワード

    あなたにおすすめ

    ニュース設定