ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > IT総合 > 人の振り見て我が振り直せ!こんなパスワードを使っている人はご用心

人の振り見て我が振り直せ!こんなパスワードを使っている人はご用心

0

2016年01月28日 11:40  FUTURUS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

FUTURUS

写真FUTURUS(フトゥールス)
FUTURUS(フトゥールス)

最近、とある芸能人のLINE流出画面が話題となっている。どうやってその画面が流出したのかはよくわからないが、似たような危険性は誰にでもあるものだ。

ちょっと思い返してみてほしい。自分の生活はパスワードに囲まれている。

パソコン、スマートフォン、タブレットPCなどのハードウェアはもちろん、メール、SNS、動画サイト、銀行のキャッシュカード、オンラインバンキング、クレジットカード、etc……。いったいどれだけのパスワードを使い分けているのだろうか。

パスワードを決めるときは、他人が想像できないようなものを、それぞれ用意して使い分けるのがベストだ。フレーズが長ければ長いほど、効果は高い。

しかし、覚えきれない、考えるのが面倒、忘れっぽいなどの理由で、大抵は2、3種類のパスワードを使い回していないだろうか。しかも、意外とわかりやすいパスワードで。

『MacWorld』に、2015年に使われた最悪なパスワード25選が紹介されていた。そこから、これはちょっと……、というパスワードを解説とともにいくつか紹介しよう。

■キーボードの配置由来

・123456 ・qwerty ・111111 ・1qaz2wsx

これらは、パソコンのキーボードを見ると一発で理解できるキーワード。あるあるー! と思っている人、要注意。

■簡単な英単語由来

・password ・football ・welcome ・login

シンプルな英単語シリーズ。これらもちょっと適当に英単語入れてみたら入っちゃった、といった感じで簡単に破られそうだ。

ちょっと極端かもしれないが、このようなパスワードは簡単に誰かに見破られてしまう。危険度はMAXに近い。

こんなパスワードも危険

そのほか、自分や家族の生年月日、電話番号、住所など簡単に推測できる数字や、名前シリーズなども危ない。

特に、銀行のキャッシュカードやクレジットカードなどは4桁の英数字であることが多いので、バリエーションが限られてしまう。

できれば、1ヶ月に1回など定期的にパスワードを変更するのがベストだ。

パスワードを紙に書いて持ち歩くのはダメ!

たまにいるのだが、キャッシュカードやクレジットカードの暗証番号が覚えられないからといって、財布などにパスワードをメモして、紙を大事に持ち歩いている人がいる。

これはもう問題外。カードと一緒に落としたら、一発でアウトだ。思い当たる方は今すぐパスワードを変えよう。

理想的なパスワードは「長くてランダム」

では、理想的なパスワードとはなんだろうか。それは「長いこと」「文字列がランダムであること」だ。

ただし、このようなパスワードは自分でも思い出せなくなる可能性がある。パスワード管理はしっかりしたほうがよい。

パソコンやスマートフォンでは、パスワードを管理するアプリがある。

例えば『1Password』というアプリは、マスターパスワードさえ覚えていれば、さまざまなサービスやアプリのIDとパスワードが使えるというもの。Windows、Mac、iOS、Android用にそれぞれアプリが用意されているので、使える範囲が広いのもありがたい。

ただしマスターパスワードが破られると、一気に盗まれてしまうことになるので、堅牢性の高いマスターパスワードを用意しよう。

パスワードを盗まれるのは、半分は自分が悪いと思っていたほうがよい。

自分の身を自分で守るためにも、パスワードについてもう一度見直してみることをオススメする。

【参考・画像】

Macworld

※ 1Password

※ Brian A Jackson / Shuttestock

    あなたにおすすめ

    ニュース設定