ホーム > mixiニュース > トレンド > BMWが2&3シリーズのPHEVモデルを国内同時投入!エコカー戦略を拡大

BMWが2&3シリーズのPHEVモデルを国内同時投入!エコカー戦略を拡大

1

2016年01月30日 21:00  FUTURUS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

FUTURUS

写真FUTURUS(フトゥールス)
FUTURUS(フトゥールス)

ドイツのカーメーカーBMWが、PHEV(プラグイン・ハイブリッド)を一挙に2モデル同時発売! エコカー分野で攻勢をかける。

これまで、BMWのエコカーラインナップは、クリーンディーゼル搭載車がメイン。EV(電気自動車)やPHEVは、兄弟ブランドの『BMW i』からのリリースだった(『i3』及び『i8』)。

それが最近、本家BMWブランドでも、PHEVのラインナップを増やす方向に転換。

2015年9月に発売された『X5xDrive40e』を手始めに、昨年10月の東京モーターショーなどで市販前提でお披露目されたのが、今回発売された3シリーズと2シリーズの2台なのだ。

『225xe』は1.5L直列3気筒ターボ+電動モーター

今回発売された2台中、2シリーズのPHEVとなるのが『225xeアクティブツアラー』だ。

人気が高まるプレミアム・コンパクトのジャンルに、PHEVを投入した意欲作。小回りが効く車体と広々とした室内空間が魅力のモデルだ。

エンジンは、1.5Lの直列3気筒ツインターボ。

最近のトレンドである、排気量のダウンサイジングとターボの組み合わせだ。燃費の良さと最高出力136psを誇り、前輪を駆動する。

それに組み合わされる電動モーターは、『BMW i』で実績がある『eDrive』。

最高出力は88psで、後輪を駆動するオンデマンド4輪駆動システムを採用する。時速125kmまでの速度域なら、電動モーターのみで走ることが可能な『MAX eDrive』モードも搭載。エンジンの動力を使わずに、約42kmもの航続距離を実現する。

バッテリーはリチウムイオン式を採用する。

価格は、4,880,000円〜5,090,000円だ。

2.0L直4ツインターボ+電動モーターの『330e』

一方、3シリーズセダンの『330e』。

こちらには、前輪を駆動する2.0L直列4気筒ツインターボエンジンを搭載する。

最高出力は252psで、8速オートマチックミッションを採用。前後50対50の重量配分などによる、スポーティで俊敏なハンドリングも魅力だ。

電動モーターは同じく88psを発揮する『eDrive』で、こちらも後輪を駆動。エンジン動力なしで約40kmの航続距離を実現する。バッテリーも同じくリチウムイオン式だ。

価格は、5,540,000円〜5,990,000円。

BMWは、以前FUTURUSでもお伝えした通り、EVやPHEV用の充電ステーションの、意欲的な設置活動が国連で表彰されたばかり。

2016年中には、フラッグシップの7シリーズにも、PHEVを投入することを発表。PHEVやEVの販売シェア拡大にも積極的だ。

フォルクスワーゲンが例の燃費偽造問題で揺れている今、次世代環境車を推進している、トヨタをはじめとする国産メーカーにとってライバルとなるのは、やはりBMWか。

エコカーを制するものが世界を制する?

【参考・画像】

※ BMWが新しいプラグイン・ハイブリッド・モデルを2車種同時発表 – BMW GROUP

このニュースに関するつぶやき

関連ワード

あなたにおすすめ

ニュース設定