ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > IT総合 > 3Dプリンターで自由なアイデアを製品に!Kabukuとランサーズの「クラウド3Dメーカー」に注目

3Dプリンターで自由なアイデアを製品に!Kabukuとランサーズの「クラウド3Dメーカー」に注目

0

2016年02月05日 11:30  FUTURUS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

FUTURUS

写真FUTURUS(フトゥールス)
FUTURUS(フトゥールス)

IoTや3Dプリントで、日本の新しい“ものづくり”を創出しているKabuku。

以前、FUTURUSでも紹介したこのスタートアップ企業が、日本最大のクラウドソーシングサービス『ランサーズ』とタッグを組んだ、新しいサービスをローンチした。

様々な商品アイデアや企画を、3Dデザインのプロがデータ作成、3Dプリントで製品化する『クラウド3Dメーカー』がそれだ。

4,000人のプロがデザイン、全世界の工場で製造

この新しいサービスは、企業だけでなく個人でも利用が可能だ。

「商品アイデアを素早くカタチにしたい」 「3Dデータ制作をプロに頼みたい」 「最適な工場を選んで、製造を頼みたい」 「データ制作からモノの製造まで、ワンストップ、安価で頼みたい」

といった様々なニーズに対応した商品開発プラットフォームだ。

カブクは、3Dプリンターを持つデジタル工場のネットワークを、30カ国以上・数百の工場で持っているのは、以前もお伝えした通り。

一方、『ランサーズ』は、3Dデザインができるデザイナー会員を含む4,000人のクリエイターを抱えている。

“クラウドソーシング”と “デジタルものづくり”が合体、両者のそれぞれの強みを活かして展開するのがこの新サービスなのだ。

トヨタ「i-ROAD」ですでに運用

『クラウド3Dメーカー』は、トヨタのパーソナルモビリティ『i-ROAD』の実験施策『OPEN ROAD PROJECT』で既に運用されている。

これは、『i-ROAD』を総勢100名に、それぞれ1ヶ月程度貸し出して、様々なサービスを評価してもらうという、実用化に向けた実験だ。

その施策の中で、より自分らしい『i-ROAD』を楽しめるように、各ユーザーの好みのデザインを具現化したボディパーツなどを、3Dプリンターで制作するというサービスを実施。

試乗パイロットの要望を、全国の『ランサーズ』登録者へクラウドソースし3Dデザイン化。Kabukuの提供するクラウド標準パッケージソフト『rinkak MMS』を活用して、全世界の工場で製品を作り、納品までを行っている。

個人の自由な発想はもちろん、企業においても新しい事業展開の可能性が広がると言う意味では、注目の新サービス。

気になる方は、一度サイトをチェックしてみて欲しい。

【参考・画像】

※ クラウド3Dメーカー

※ カブク、ランサーズが新サービス「クラウド3Dメーカー」をリリース – PR TIMES

    あなたにおすすめ

    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定