ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > インターネット > 「さく乳」のネガティブイメージは日本だけ? 母乳育児のポータルサイト「ぼにゅ育」をピジョンが開設

「さく乳」のネガティブイメージは日本だけ? 母乳育児のポータルサイト「ぼにゅ育」をピジョンが開設

0

2016年03月10日 09:31  MAMApicks

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

MAMApicks

写真写真
ピジョンでは、母乳育児中のママをはじめ、母乳で育てたいと考えるプレママに向けて母乳育児の情報を発信するポータルサイト「ぼにゅ育(ぼにゅいく)」をオープンした。


同社ではこれまで、定期的に授乳中のママの実態調査を行うことで、よりよい商品開発に取り組んできたが、昨年実施した日本・中国・アメリカ・インドネシアの4ヵ国で行った授乳スタイルに関する調査結果では、乳房から直接母乳(=「直母」)で授乳する日本のママは82%と8割を超えた一方で、母乳育児の一環である「さく乳」の実施率は13%にすぎなかった。

これは同時に調査を行ったほかの海外3ヵ国、中国の直母46%に対してさく乳79%、アメリカの直母58%に対してさく乳率64%、インドネシアの直母77%に対してさく乳率62%と比較して、日本のママはさく乳の実施率が非常に低い状況であることが明らかになった。

さらに、ママの行動観察やインタビューによると、さく乳は日本以外の3ヵ国のママにとっては「赤ちゃんの顔が浮かぶ育児行為のひとつ」とポジティブなイメージで捉えられている一方で、日本のママたちは「早く終わらせたい、家事や作業のような行為」とネガティブな印象で捉えている傾向が強いこともわかった。

こうした調査結果を踏まえ、日本のママたちにさく乳という行為やさく乳器を、ネガティブなものとしてとらえるのではなく、母乳育児をアシストする行為、商品として上手に活用してほしいとの思いから、今回のポータルサイト「ぼにゅ育」を立ち上げるに至ったそうだ。

「ぼにゅ育」サイトでは、これまで同社のサイト内で点在していた母乳育児関連の情報を集約したほか、新たにさく乳器の活用の仕方やトラブルへの対処法、そしてすべての母乳育児のママの気持ちに寄り添う記事や情報、母乳育児中特有のママの声などを集めて紹介していくという。

母乳育児情報サイト|ぼにゅ育
http://pigeon.info/bonyu/index.html

    あなたにおすすめ

    ニュース設定