【アニメ漫画キャラの魅力】最強にして最恐!京都伏見高校を率いる「御堂筋翔」の魅力とは?『弱虫ペダル』

2

2016年04月12日 10:01  キャラペディア

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

キャラペディア

写真(C)CHARAPEDIA
(C)CHARAPEDIA
 京都伏見高校自転車競技部において、1年生ながらエースであり、部を牽引する「御堂筋翔」。その実力は作中でも随一。平坦でも坂道でも、他校のエースに負けない力を誇ります。今回は、そんな「御堂筋翔」の魅力についてご紹介させていただきます。


【最新アニメランキング】意外とお似合いだと思う別作品の異性キャラ 10選


⇒御堂筋翔とは?(弱虫ペダル)
http://www.charapedia.jp/character/info/7315/


【※一部、ネタバレの内容を含む可能性が御座います。ご注意下さい。】


■他を寄せ付けない強さ

 京都伏見高校に入学早々、上級生よりも早くゴールし、部を支配する権利を得る「御堂筋翔」。インターハイでは、巧みな作戦とレース運びで3チーム同着ではありながら1日目の優勝を手にします。御堂筋の特徴は、その奇怪な走り方もそうですが、相手の弱点を徹底的に調べ上げ、そこをレース中に巧みに突いてくるところ。正々堂々と戦いを挑むスポーツマンシップに反するものの、そんな手を使ってでも勝利を得ようとする強い思いが彼にはあります。勝利の為に坊主頭になったり、脱皮したり、変な乗り方をしたり・・・。とにかく何でもありなのです。

■あだ名をつける名人?

 中学時代に御堂筋の作戦にまんまとひっかかってしまった今泉にとって、御堂筋はライバルです。そんな闘志をメラメラさせている今泉を尻目に、御堂筋は「よわいずみくん」「きもいずみくん」など、言いたい放題・・・。坂道に対しても「量産型じゃないメガネ」と呼ぶなど、なかなか人を本名で呼ぶ事がありません。

 御堂筋がきちんと名前で呼ぶ相手は、「君」をつけて呼ぶ事を強制している京都伏見チームくらい。御堂筋から、今後きちんと名前で呼ばれるのは誰になるのでしょうか?それこそが、御堂筋が自転車でライバルである事を認めた相手になるのかもしれません。

■お母さんとの思い出

 御堂筋と自転車について語る上で欠かせないのは、病気で亡くなった彼のお母さんの存在です。幼い頃、病気で入院していたお母さんに会う為に、一生懸命自転車を漕いで通った事が彼の自転車競技の原点になっています。運動神経に恵まれていなかった御堂筋ですが、自転車だけは違いました。自転車は彼の支えであり、母と自分を繋ぐ唯一のものだったのです。

 彼の心にあるのは、「何があっても前向きに」と言ったお母さんの言葉。確かに御堂筋のプレイスタイルは純粋とは言いがたいですが、本当は卑怯な手など使わずとも相手をねじ伏せるだけの実力を持っています。御堂筋に本気を出させるのは坂道か?真波か?それとも今泉か?2年生のインターハイからも目が離せません。

 見た目は少し怖いですが、実力は折り紙つきの「御堂筋翔」。彼が登場するとレース展開は格段におもしろくなります。そんな「御堂筋翔」の活躍にこれからも期待・大です。


【原稿作成時期の都合により、内容や表現が古い場合も御座いますがご了承下さい】


★記者:あきにゃん(キャラペディア公式ライター)

このニュースに関するつぶやき

  • 確かにあの勝ちに対する執念は凄まじい。あと、石垣君に対して、ほんのちょっとだけデレているところがいい。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

関連ワード

あなたにおすすめ

オススメゲーム

ニュース設定