ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 汗のニオイは職場での「成果や評価に影響する」という女性が6割以上

汗のニオイは職場での「成果や評価に影響する」という女性が6割以上

2

2016年04月12日 12:00  QLife(キューライフ)

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

QLife(キューライフ)

汗のニオイで仕事への集中力が4割減

 春になり気温が上がり始めると気になるのが汗のニオイ。株式会社資生堂が働く女性たちを対象に「汗のニオイ」に関する調査を行いました。20代から40代の仕事を持つ女性2,000人に「汗のニオイで仕事への集中力は低下すると思いますか?」と聞いたところ、75%が「そう思う」と回答。4人に3人が集中力の低下を感じていました。具体的にどれくらい落ちるかでは、平均で「4割減」という結果でした。

 また、「汗のニオイは職場における成果・評価に影響を及ぼすと思いますか?」との問いに、62%が「そう思う」と回答。そこで、実際に「仕事中、汗のニオイが気になることはありますか?」と聞いたところ、「ある」と答えたのは63%でした。ニオイが気になる瞬間は、営業の場合は外回りをして大量に汗をかいた時。また、美容師はシャンプーのたびにお湯を使うので1日中暑くて汗をかくなど、職業によっても違いが見られました。

 それでは、働く女性たちは汗のニオイについてどのような対策を行っているのでしょうか。現在所有している対策アイテムの1位は「スプレータイプの制汗剤」、効果が高そうだと思うアイテムの1位は「ロールオンタイプの制汗剤」、便利だと思うアイテムでは、「ボディーシート/汗ふきシート」がトップと、すでに使っているものと期待しているもの、便利なものが異なるという結果になりました。

汗のニオイに対する「不安度」が高い職業は?

 では、職業によって汗のニオイに対する「不安度」に違いはあるでしょうか。同社は、さらに「女性の就業数が多い職業」上位30種の女性3,000人を対象にした職業別アンケートを実施。「不安度」が高い順にランキング化したところ、1位は「介護士」で、74%が他の職業に比べて汗のニオイが気になりやすいと思うと答えました。次いで「看護師」「リハビリスタッフ」「保育士・幼稚園教諭」と続き、よく体を動かす職業が上位でした。

 また、職業別調査の番外編として、長時間ハードに働く女性の一例として「キャビンアテンダント(CA)」と「ライター・エディター」をピックアップ。まず20代から30代のCA100人に、仕事中に汗のニオイが気になることはあるか聞いたところ、87%が「ある」と回答。フライト数の多い国内線は時間が経つにつれてニオイが気になる、機内食の準備中は汗をかきやすい、ずっとジャケットを着てお客様を迎えていると汗で蒸れるなどの声が聞かれました。

 続いて、20代から40代の「ライター・エディター」100人にもアンケートを実施。すると、46%が仕事中に汗のニオイが気になることがあると回答しました。ニオイが気になるシーンを挙げてもらったところ、お風呂にも入れないほど忙しい締め切り前、夏場のロケ現場やハウススタジオなど外での取材時、という声が。また仕事中は座りっぱなしで同じ姿勢のため、蒸れてニオイが気になるなど、職業だけでなく仕事内容によっても異なるようです。(林 渉和子)

関連リンク

⇒元の記事を読む

このニュースに関するつぶやき

  • 一人ぼっちの空間で仕事してたら他人に気を使わなくてすむけど…
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • キツイ香水よりは汗の匂いがまだマシかな����ʴ򤷤�����
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定