セックス特集、安室奈美恵、秋葉原――「Cawaii!」元編集者が語る“ギャルブームの盛衰”

125

2016年04月23日 17:02  サイゾーウーマン

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サイゾーウーマン

写真(左から)中森明夫氏、松谷創一郎氏、長谷川晶一氏
(左から)中森明夫氏、松谷創一郎氏、長谷川晶一氏

 90年代、女子高生にまつわるカルチャーや事象が世間をにぎわせていた頃。1996年に主婦の友社からギャル雑誌「Cawaii!」が創刊された。一般の女子高生を読者モデルとして起用するなど、同誌はその後続く“ギャル雑誌ブーム”の火付け役的存在となった。2000年には発行部数が約40万部にのぼるなど最盛を誇ったが、09年に6月号をもって休刊する。

 先日、「Cawaii!」ブームの頃に編集者として携わっていたノンフィクションライターの長谷川晶一氏が『ギャルと「僕ら」の20年史 女子高生雑誌Cawaii!の誕生と終焉』(亜紀書房)を刊行した。ギャルブームの実態、ブームをけん引してきた歴代の男性編集長、同誌を語る上で欠かせない女性編集者の話、ギャル雑誌を作っていた自身の当時の苦悩や、女子高生素人モデルたちとのストーリー、ライバル雑誌だった「egg」(大洋図書)や後続雑誌「S Cawaii!」との関係性など、「Cawaii!」を巡る20年間の記憶を325ページで綴った力作だ。

 その刊行を記念したトークイベントが下北沢B&Bにて行われ、長谷川氏に加えて『アイドルにっぽん』(新潮社)などで知られるアイドル評論家の中森明夫氏、『ギャルと不思議ちゃん論――女の子たちの三十年戦争』(原書房)の著者である松谷創一郎氏が登壇した。

■知られざるギャル雑誌「GALS LIFE」

 長谷川氏は、「Cawaii!」が休刊すると知った時には、主婦の友社を退社して6年ほどたっていたそうで、「なくなるはずがないと思っていたから、とてもショックだった」と語る。そして、昔の仲間やお世話になっていた人たちに「Cawaii!」がなぜなくなったのか聞き歩いたことから本の執筆が始まったという。「あの時代を思い返してほしいし、知らない人にはそんな時代があったことを知ってほしいという思いがすごくある」と本書執筆への熱い思いを吐露した。

 その舞台となった主婦の友社というと、社名の通り“良妻賢母”的な雑誌を作っているイメージがある。一見、ギャルカルチャーとはかけ離れた出版社とも思えるが、実は同社にはギャル雑誌を作る系譜があった。中森氏は「70年代後半から主婦の友社は『GALS LIFE』というギャル雑誌を出していたが、若い女性のセックスを正面から扱ったため、国会で言及を受けて廃刊してしまった。それからしばらくして、女子高生ブームとともに立ち上がったのが『Cawaii!』だった」と説明する。

 本書にも、当時の衆議院予算委員会での総括質問や、それによって廃刊やリニューアルを余儀なくされた雑誌についても詳しく書かれている。今では当たり前となっている、女性誌におけるセックス特集が国会に取り上げられたという話に、会場に集まったお客さんは興味深く耳を傾けていた。

■“女子”を徹底的に対象化した男性編集長の編集力

 そんな「GALS LIFE」を廃刊に追い込んだセックス特集だが、長谷川氏はこれこそ「Cawaii!」の重要な企画だと語る。「Cawaii!」は歴代編集長が全員男性。「女性の発言権が強かった主婦の友社にあって、その中で男性編集者が自分の立ち位置を作っていくことは入社時からの使命だった。男性には女性誌が作れないといった思考はなく、自分の得意分野を掘り下げた結果、優秀な男性編集者が生まれていった」(長谷川氏)と分析する。その中でもセックス特集では、男性目線でのリアルな内容が、読者の心をつかんでいたのだそうだ。

 中森氏もこの点について「女性誌業界は女性が活躍できる社会であり、同性の声を拾った商品はウケやすい。しかし、『Cawaii!』では優秀な男性編集長が、他者としての女子をメディア化するために徹底的にリサーチしていた」と、性別も年齢も距離がある立場だからこそできた“男性による女子の対象化”が「Cawaii!」の成功の秘訣であると語った。


 一方で、ライバル雑誌であった「egg」も、女子高生のリアルな性を切り取っていたように思うが、三者は両雑誌の違いは明確だと言う。長谷川氏は「『egg』のライターや編集者はアダルト誌の経験者が多く、『egg』はギャル文化を業態として見せた“ドキュメント誌”だった。何をやってくるかわからないアナーキーさ。それがトレンド化したから衰退し始めた」と語り、松谷氏は「『egg』は同人誌のようだった。対して、『Cawaii!』はプロが編集した商業誌」とその違いを述べた。

 中森氏も、「Cawaii!」の編集力は目に見張るものがあったといい、「第1号の表紙に、タレントを集めるのではなく100人のギャルを千葉県にある海で水着撮影をした。それは紛れもない編集の力が持つすごさ」と、人気タレントやプロのモデルが表紙や巻頭企画に登場するのが当たり前だった当時に、前代未聞の全員が素人モデルの“水着100人スナップ”を表紙に持ってきた革新性を補足した。

 また、そんな「Cawaii!」の勢いを後押ししたのが、「Cawaii!」と共存しながらもお姉さん版として2000年に創刊された大人系ギャル雑誌「S Cawaii!」だ。そしてそこに登場した、ギャルブームに欠かせないカリスマ・安室奈美恵や浜崎あゆみの存在。長谷川氏は「『S Cawaii!』では、“女は強くあれ”がテーマだった。それがブリトニー・スピアーズやマドンナ、安室奈美恵、浜崎あゆみ、倖田來未といったディーバとリンクし、彼女たちの言葉を使いながら作っていた。彼女たちも雑誌を発信手段としていた」と振り返る。中森氏も「2000年代は読者とディーバがお互い共依存で作り上げる良い関係性があった」と語り、松谷氏も「雑誌は女の子たちがつながるためのコミュニティだった。今はそれがLINEなどネットになったが、当時雑誌がその中心だった」と雑誌が培っていた役割を主張する。

 実際に、「Cawaii!」に登場する女子高生モデルたちは、編集部に遊びに来ることで社会とつながり、自己承認欲を満たしていたことを長谷川氏は述べる。「学校や家庭では言いたいけど言えないこと、皆が聞く耳を持ってくれないことを聞いてくれたのが、彼女たちをリサーチしたい編集者だった」(長谷川氏)。雑誌と女子高生、ディーバと女子高生の、互いのニーズが合致していたのが「Cawaii!」だったのだ。

■ギャルとは、ギャル雑誌とは何だったのかという存在証明

 しかし、ギャルブームは終焉を迎える。「2000年代半ばを過ぎてくると、女の子はギャルではなくアイドルや水商売に興味を持つようになった」と中森氏が語ったように、2000年代半ばがターニングポイントだったという。その頃、「Cawaii!」はギャルの聖地・渋谷だけではなく、しばしば秋葉原を特集するようになり、当時現在ほど人気が出る前だった元AKB48の板野友美をモデルに起用。その後、AKBは大ブレイクし、「Cawaii!」の持つ“時代の流れを即座に読み取る力”が証明されたが、ギャルブームの終焉には追い付かず、翌年に休刊となったという。

 ギャルブーム時には、ギャルの誰しもがあこがれていた渋谷109のショップ店員も、「今なりたい子はほとんどいない。表に出たいならアイドル、歌手、女優。それが無理なら高級店のキャバ嬢、単体に出られるAV女優、表に出られないのであればステータスのある人の愛人」(長谷川氏)と、女の子たちの自己承認欲求を満たす職業についてこんこんと述べ、中森氏も「経済状況が露骨に反映するのも女子の特徴」と分析。また松谷氏は、女の子の目立ちたい欲望について、「ガングロ的な要素はハロウィーンの仮装に移行した」と語るが、総じて現在は「そもそも皆と同調しようとしすぎて、逸脱する若者が減った」そう。若い世代における意識の大きな変化も、ギャルブームの終わりに加担したことを説明した。

 イベントの最後に長谷川氏は、「当時のモデルたちは今子育てをしている。でも遊ぶ楽しさをよく知っている女の子たちだから、常に遊ぼうとしていて、口々に『昔みたいに雑誌を作りたい!』と言っている」とアラサー、アラフォーになった当時のモデルたちのエピソードを紹介した。本書は、現在「Popteen」(角川春樹事務所)で活躍する高校生モデル、“みちょぱ”こと池田美優が、「ギャルはこの先増えないと思う。それでも、やりたいことをやる“ギャルマインド”を持つ子は決してなくならない」と答えている章で幕を閉じる。一過性のブームだったとしても、日本中の女の子を夢中にしていたギャルとは何だったのか、そしてそれを支えていた雑誌とは。本書の意義とは、それらが確かに“存在していた”証しとなることではないだろうか。
(石狩ジュンコ)

このニュースに関するつぶやき

  • ギャルね〜。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 若い女の子が「高級店のキャバ嬢、単体に出られるAV女優、表に出られないのであればステータスのある人の愛人」になりたいだなんて、この国は本当に先進国なのか?
    • イイネ!90
    • コメント 10件

つぶやき一覧へ(60件)

関連ワード

あなたにおすすめ

ニュース設定