【コラム】 アニソンのプリンスから14歳の天才少女まで 海外で愛される日本人

77

2008年02月05日 10:49  よりミク

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

よりミク

 海外で有名な日本人といえば、映画「ラスト・サムライ」をきっかけに世界へ羽ばたいた渡辺謙や、映画監督として不動の地位を得ている黒澤明監督に北野武監督、欧州や米国を中心に人気のバンド「Dir en grey」、大リーグで華々しい成績を残しているイチロー選手、松井秀喜選手などなど、例を挙げ始めたらキリがありません。そこで今回はあえて視点を変え、「海外で意外なほど評価の高い日本人」をピックアップしてみました。  まずは「アニソン界のプリンス」こと影山ヒロノブ。日本におけるアニメやゲームの音楽には欠かせない存在であり、とくに「ドラゴンボールZ」「聖闘士星矢」の主題歌は世界でも広く愛されています。日本のみならず、海外の熱狂的なファンからもリスペクトを集める影山ヒロノブは、2001年にスペインはバルセロナで行われた 「JAPAN EXPO 2001」を皮切りに、世界各地のフェスやイベントから引っ張りだこに。南米最大のアニメフェス「Anime Friends」からは毎年声がかかり、参加するたびに熱烈な歓迎を受けています。ほかにもメキシコ、韓国、台湾、中国など、各地から招待される人気ぶり。海外でも愛される「アニソン界のプリンス」、その偉大さを再確認できますね。
影山ヒロノブ。今年はユニット「JAM Project」で世界進出を宣言しています。
影山ヒロノブ。2008年はユニット「JAM Project」で初のワールドツアーを展開。
 石野真子と勝新太郎は、キューバでは「国賓」級の待遇を受けるスーパースターです。石野真子は、1996年にキューバで放映されたNHKドラマ「いのち」の影響。当時複雑な情勢下にあったキューバ国民の共感を集め、「いのち」は80%もの視聴率を獲得したのだとか。勝新太郎は映画「座頭市」の影響が強く、三船敏郎と共に、キューバに「侍ブーム」を巻き起こしました。海も時をも超えて伝わる日本の映像。今更ながら、テレビや映画の影響力を感じずにはいられません。  日本での評価以上に、海外で高く評価されている日本人もいます。  ドイツを拠点として活躍する西本智実は、世界でも数少ない女性指揮者の一人です。テレビ番組やスズキ「SX4」のCMでご存じの方も多いのではないでしょうか。美しく聡明なルックスに、えんび服と緊張感をまとった厳粛な雰囲気。そして世界中が認める実力を持った彼女は、日本で知られている以上に、海外でより高く評価されている人物です。
タクトを振る西本智実。その立ち振る舞いと紡ぎ出す音楽に、誰もが釘付けに。
タクトを振る西本智実。その立ち振る舞いと紡ぎ出す音楽に、誰もが釘付けになる。
 Newsweek日本版で「世界が尊敬する日本人・100人」に選ばれた、パントマイムユニット「が〜まるちょば」。公式サイトによると、これまでに英国やイタリア、ドイツ、スイス、ベルギー、豪州、韓国、タイなど、実に23か国・150以上のフェスティバルから招待を受けたという国際派です。言葉も文化の壁も越えて愛される大道芸出身のパフォーマンス。イギリスでは賞も受賞しており、その実力は本物です。日本では4月、5月、6月に舞台が予定されているので要チェック。
写真左:左がケッチ!、右がHIRO-PON。ユニット名は、グルジア語で「こんにちは」を意味するのだそうです。
写真左:左がケッチ!、右がHIRO-PON。ユニット名は、グルジア語で「こんにちは」を意味するのだそうです。
 リトアニアで「風雲たけし城」が放映されたことにより、知名度が急上昇したコメディアン・友井史人は、同国で一番有名な日本人と言われています。日本では無名な存在でしたが、「愛・地球博」のリトアニア大使館で上映されたVTRが注目を浴び、ネット界を中心にその名が広まりました。  スポーツ界の「日本人スター」もがんばっています。  サッカー留学のため米国に渡った元・日テレベレーザ所属の山口麻美は、米大学サッカーの年間最優秀選手に贈られる、07年の「ハーマン・トロフィー」を日本人初受賞。「なでしこジャパン」の選考からは外れたものの、昨季のフロリダ州立大では24得点・18アシストと存分に実力を発揮しており、代表入りの可能性は十分にあります。今後の活躍から目が離せません。   2008年の1月に行われた全米フィギュア選手権で初優勝を果たした、日本とアメリカの二重国籍を持つ長洲未来は、日本人の両親を持つ14歳。あのキミー・マイズナーを破っての勝利は、世界中の注目を大いに浴びました。日本でも浅田真央のライバル候補としてメディアを賑わせています。  フィギュアスケート界からもう一人。国際大会で優勝の経験を持つ井上怜奈も、日本人の両親をもつ選手です。今年行われた全米フィギュア選手権のペアで2位という成績そのものも素晴らしいのですが、それ以上に話題をさらったのが、演技終了後にペア男性から受けた「氷上プロポーズ」。ドラマのような光景に、世界中の女性が羨望のまなざしを向けたことでしょう。  このほかにも、日本では無名でも海外では大スターだったり、こっそり偉業を成し遂げていたり、海外で「先取り」されてしまっている日本人が存在します。あなたが注目する「海外で愛される日本人」は誰ですか?(水流/mixiニューススタッフ) ■関連サイト 影山ヒロノブ - ソリッドボックス(所属事務所) http://www.solidvox.jp 石野真子 - ACE OF HEARTS http://www.aceofhearts.jp/c-mako.html 西本智実 - 指揮者西本智実 オフィシャルサイトhttp://www.tomomi-n.com が〜まるちょば - GAMARJOBAT.COM http://www.gamarjobat.com 井上怜奈 - rena inoue & john baldwin(英語) http://www.inoueandbaldwin.com 長洲未来 - Mirai Nagasu Online http://www.figureskatersonline.com/mirainagasu/
その他のよりミク記事: ・世界最大のチョコ祭典「サロン・デュ・ショコラ」日本上陸「萌え」の街、秋葉原の異色グルメドイツで大人気 お洒落で健康的な清涼飲料「ビオナーデ」とは?よりミクとは?】 ちょっと気になるあの話題、巷でウワサのあの商品をニューススタッフが調査し、コラムにしてお届けします。「より道」感覚で、ニュースとはひと味違うコンテンツをお楽しみください。

前日のランキングへ

ニュース設定