ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > IT総合 > 新たなデザイン家電の到来!「IoTテーブル」が音楽を奏でる

新たなデザイン家電の到来!「IoTテーブル」が音楽を奏でる

1

2016年05月20日 22:10  FUTURUS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

FUTURUS

写真FUTURUS(フトゥールス)
FUTURUS(フトゥールス)

家の中で気軽に音楽を聴きたいとなると、パソコンや小型のBluetooth搭載のスピーカーなどを思い浮かべる方は多いかと思う。

ただそのようなガジェットを増やしてしますうとモノが増え、居住空間が狭くなってしまうのが悩ましいところだ。

そんなアナタに今日提案したいのは、スピーカーが内蔵されているテーブル『SOUND TABLE』だ。

天板を「震わす」ことで音を生む発想

『SOUND TABLE』はスピーカー内蔵といっても単にスピーカーが付いているテーブルではない。

テーブルにスピーカーの開口部はなく、振動によって天板全体から音を奏でるのだ。

天板の内部に配置されているのは2つの薄型スピーカーである。

新開発の技術によって、従来薄型のスピーカーが苦手としていた、高温・低音域の音を効率良く発することを可能にしたという。

デザインの担当は鄭秀和(テイシュウワ)氏。日本のデザイン家電ブームを作った『amadana(アマダナ)』のデザインをはじめとして『渋谷ヒカリエ』、『HOTEL CLASKA』などデザイン設計のスペシャリストだ。

今回はクリエイティブディレクターとして『SOUND TABLE』のデザインに参画しているそうだ。

『SOUND TABLE』のサイド部には、USBポートと電源コンセントを装備されている。スマートフォンの充電はもちろん可能だ。

『SOUND TABLE』自体の電源は、脚部から引き込む設計となっている。

IoTテーブルで豊かな音楽体験を

『SOUND TABLE』は、インターネットと掛け合わせることで、より豊かな音楽体験ができるように設計されている。

専用アプリの「タイムテーブル」機能を使うことによって、どの時間にどんな音楽を鳴らすのか、設定することができる。

パートナーとのゆったりとした時間に、ムーディーな曲を流したり、ホームパーティーで盛り上がりそうなタイミングに、アッパーな曲をかけたりといったことも可能だ。

また、使用は自宅だけに留まらない。

オフィスに置き音楽と共に会議をすれば、よりクリエイティブな打ち合わせができることだろう。

さらに、自分の住んでいる地域をアプリ上で登録しておけば位置情報から取得した天気予報データに基づき、音を奏でてくれる。

たとえば、雨の日には雨音のサウンドが流れてくるといった具合に。

『SOUND TABLE』は、現在クラウドファンディングサイト『Makuake』で資金調達中。既に目標金額を突破するなど、注目度の高さがうかがえる。

サイズによって価格は変わるが、一番小さなベッドサイドテーブルタイプで33,800円から購入する権利が付与される。

自分のライフスタイルに合わせた、今までと違う音楽体験をしてみたい方は、キャンペーンページからサポートしてみてはいかがだろうか。

【参考・画像】

※ SOUND TABLE – Makuake

    あなたにおすすめ

    ニュース設定