ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > 【アニメ漫画キャラの魅力】元気とノリだけじゃない!ゆるく優しく強い母「神尾晴子」の魅力とは?『AIR』

【アニメ漫画キャラの魅力】元気とノリだけじゃない!ゆるく優しく強い母「神尾晴子」の魅力とは?『AIR』

3

2016年05月26日 09:30  キャラペディア

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

キャラペディア

写真(C)CHARAPEDIA
(C)CHARAPEDIA
 夏と言えばこの作品。原作は18禁の恋愛シュミレーションゲーム、PS2移植、アニメ、映画化までされた人気作『AIR』から、今回は「神尾晴子」さんの魅力についてご紹介したいと思います。『AIR』は主人公「国崎住人」がとある町で一人の少女と出会い、翼人の呪いと戦う感動超大作です。中でも特に人気のキャラクターはやはりメインヒロインの「神尾観鈴」ですが、今回はその義理の母親である「神尾晴子」に焦点を当ててみます。


【最新アニメランキング】恋愛描写にもっとも共感したアニメ・漫画 TOP20


⇒神尾晴子とは?(AIR)
http://www.charapedia.jp/character/info/18782/


【※一部、ネタバレの内容を含む可能性が御座います。ご注意下さい。】


■『AIR』最強!?お母さんと言えばこの人

 この晴子さん、住人が居候することになる家の家主であり、観鈴の母でもある人です。とにかくその破天荒なキャラクターは個性豊かな『AIR』の登場人物たちの中でもかなりユニーク。観鈴と談笑しているシーンにいきなり響き渡るどんがらがっしゃーんの音。そして観鈴の一言。「あ、お母さん帰ってきた」。何が起きたのかといえば、この晴子さん、バイクごと納屋に突っ込むのです。帰宅の度に。

 その後、住人との初対面を終え、根っからのノリの良さから住人と打ち解け、居候させてしまう晴子さんのお母さんとしての優しさ。いわゆる一般的な「お母さん」のイメージからはほど遠い晴子さんですが、その優しさと面白さは天下一品です。

■ゆるさって大事

 晴子さんの最大の魅力はそのゆるさ。とにかくゆるいキャラなのです。カラスに目をつつかれても「ぎぃやぁぁぁああああ」で終わり、バイクで納屋に突っ込んでも「帰ったでー」で終わりです。家にいる時は白いキャミソール。おしゃれのおの字もない、だらけた雰囲気のお母さんですが、そのゆるさこそが住人とうまくやっていく秘訣だったのかも知れません。

■母としての優しさ

 観鈴との関係ですが、実際は本当の親子ではなく叔母と姪っ子。しかし、そこには晴子さんなりの愛情がたっぷり詰まっていたのです。観鈴が自力で動けなくなると「今日から私が友達だ」と強引に観鈴を車いすに乗せてあちこち連れまわり、ずっと独りだった観鈴の遊びに付き合ったり、一緒に変なジュースを飲んでみたり・・・。破天荒ではありますが、心の底から親として娘に向き合おうとする彼女の姿勢はとても素晴らしく心に響きます。不器用なので、観鈴に対して素直に愛情表現をする事は少ない晴子さんですが、きちんと観鈴の事を見守っているのです。

■アニメ声優はあの人!

 この破天荒でノリが良く、ひたすらマイペースで少し(?)不器用な晴子さん。彼女を演じる声優は久川綾さんです。久川さんは、どちらかというとおとなしいキャラや優しい雰囲気のキャラクターの印象が強いという方も少なくないとは思いますが、そんな久川さんのイメージを良い意味で崩してくれるのが晴子さんではないでしょうか?豪快に笑い、全力で叫び、よく怒鳴り、バイクで走りまわる久川さんボイスもなかなかオツなものです。

 作品自体はかなり古いものですが、今でも大人気の『AIR』。今年の夏にはPSVITAに移植されるそうです。今まで『AIR』を知らなかった方も昔からのファンの方も、これを機に是非もう1度見直してみてはいかがでしょうか?


【原稿作成時期の都合により、内容や表現が古い場合も御座いますがご了承下さい】


★記者:西村茉莉(キャラペディア公式ライター)

このニュースに関するつぶやき

  • AIRは救いの無さにトラウマだなあ、こなたよりかなたまでのクリストゥルーエンドは感動して泣いた
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 元々、大阪出身の久川綾さんが素である関西弁をそのまま出し、なおかつその熱演ぶりが凄かったのが印象的だね。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

関連ワード

あなたにおすすめ

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定