江戸川乱歩の短編を過激に映像化、18禁映画『屋根裏の散歩者』

3

2016年06月13日 10:50  CINRA

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

CINRA

写真『屋根裏の散歩者』 ©2016「屋根裏の散歩者」製作委員会
『屋根裏の散歩者』 ©2016「屋根裏の散歩者」製作委員会
江戸川乱歩原作の映画『屋根裏の散歩者』が7月23日から東京・シネマート新宿で上映される。

1925年に乱歩が発表した『屋根裏の散歩者』は、これまでもたびたび映像化されてきた作品。『江戸川乱歩エロティックシリーズ』の第3弾作品として制作された今回の映画版では、映画『ちょっとかわいいアイアンメイデン』の木嶋のりこ、『甘い鞭』の間宮夕貴が主演を務める。2人はオールヌードでのベッドシーンにも挑んでいるという。

メガホンを取ったのは映画『僕の中のオトコの娘』の窪田将治。同監督は『江戸川乱歩エロティックシリーズ』の過去作品『失恋殺人』『D坂の殺人事件』でも監督を務めている。なお同作は、過激なシーンを含むため18歳未満は鑑賞不可となる。

また同作のメイキング映像を収めたDVDが7月27日にリリースされる予定だ。

このニュースに関するつぶやき

  • 江戸川乱歩原作で、昭和44年公開の大映映画『盲獣』を見たよ。とにかく女体の巨大セットが圧巻で、よく造ったもんだと感心⇒https://www.youtube.com/watch?v=wVgJvtjD8xQ&feature=youtube_gdata_player
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定