ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > 細田守監督『時をかける少女』長編映画の野外上映で日本最大級の動員を達成!

細田守監督『時をかける少女』長編映画の野外上映で日本最大級の動員を達成!

0

2016年07月21日 09:11  キャラペディア

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

キャラペディア

写真『時をかける少女』博物館で野外シネマ
『時をかける少女』博物館で野外シネマ
細田守監督『時をかける少女』(2006年)の劇場公開から10年のアニバーサリー企画として、映画の舞台の一つである東京国立博物館にて開催された「博物館で野外シネマ」は、7月16日に1回の上映で、6,500人を超える動員を達成した。これは、2014年に同場所で同作品を上映した際の記録を塗り替え、長編映画の野外上映として日本最大級の記録。『時をかける少女』が野外シネマ史に残る作品となった。

野外シネマでの上映後には、『時をかける少女』の主題歌を担当した奥華子さんが登場。主題歌「ガーネット」と挿入歌「変わらないもの」を披露し、訪れた多くの観客を魅了した。

■キノ・イグルー有坂塁氏のコメント

これまでに日本各地で野外シネマを開催しましたが、本イベントがダントツの動員数でした。ぼくの知るかぎり、この記録は国内にとどまらず、世界的に見てもトップクラス。かの有名な「ロカルノ映画祭」のピアッザ・グランデとほぼ変わらない観客数だったのですから。

【この記事の全情報・全画像はこちら】

    あなたにおすすめ

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定