ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > IT総合 > 朝食のトーストを食べようとしたら天気が分かるって便利じゃない?

朝食のトーストを食べようとしたら天気が分かるって便利じゃない?

1

2016年08月25日 10:11  FUTURUS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

FUTURUS

写真FUTURUS(フトゥールス)
FUTURUS(フトゥールス)

source:https://www.kickstarter.com/projects/258723592/toasteroid-first-app-controlled-smart-image-toaste

朝食のトーストにマーガリンを塗ろうとしてパンを見る。

するとそこには雨マークの焼き目が付いており、「ああ、今日は雨か。じゃぁ、傘を持っていかないとな」と分かれば非常に便利だ。

そんな風に、パンにメッセージやイラストを焼けるトースター『Toasteroid』がクラウドファンディングのKickstarterに登場した。

一日が、パンに焼かれたメッセージからはじまるのも、面白そうだ。

パンの焼き目をスマホから送信

『Toasteroid』はスマートフォンのアプリで作成したイラストやテキストメッセージを、トーストの焼き目に反映させる事ができるトースターだ。

『Toasteroid』はスマートフォンとBluetoothで連携し、アプリから送信されたイラストやメッセージを、内部のドットマトリックス状のヒーターによって焦げ目としてパンにプリントする。

アプリでは、すでに用意されているアイコンを使ったり、手書きで描くこともできる。

そして、どのくらいの焼き加減で焼き目を付けるのかといったことも、設定できるので、食感にもこだわることができる。

スマホで焼き目 source:https://www.kickstarter.com/projects/258723592/toasteroid-first-app-controlled-smart-image-toaste

天気予報もパンの焼き目で確認できる

『Toasteroid』のおもしろさは、冒頭で紹介したように、その日の天気予報をアプリと連動してパンに焼き付けることもできることだ。

これならいつもテレビの天気予報を見忘れてしまう人でも、朝食でその日の天気を確認することができる。

従って、焼き上がったパンを見て、「あ、傘持っていかなきゃ」とか、「今日は厚着していかないと」などと判断することができる。

また、家族や恋人などから届いたメッセージをパンに焼き付けることもできるので、ちょっとした朝の挨拶を楽しみながら朝食を取ることもできる。

たとえば、単身赴任のお父さんのパンに、子どもからのメッセージが焼き付けられていれば、今日も頑張れるというものだ。

1日の楽しみ方1 source:https://www.kickstarter.com/projects/258723592/toasteroid-first-app-controlled-smart-image-toaste

一日のスタートに遊び心を添える

『Toasteroid』は焼き目を楽しむだけではなく、本来のトースターとしての機能も使い勝手が良さそうだ。

焼き加減を設定できるので、好みの焼き加減を見つけて設定することもできる。

何かと忙しくて、ちょっと気が重い朝でも、少しでも遊び心を与えてくれる製品を使うことで、一日のスタートを少しでも気分の良いものにできれば嬉しいかもしれない。

【参考】 Toasteroid- First APP Controlled Smart Image Toaster by Toasteroid – Kickstarter

動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 朝食にトーストが用意されてる時は大抵、マーガリン&ジャムのサンドイッチ状態なんで焼き目を確認するタイミングが無いのですが…
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定