ホーム > mixiニュース > コラム > 不倫カップルが生まれやすい「ある環境」とは?

不倫カップルが生まれやすい「ある環境」とは?

2

2016年09月15日 20:32  新刊JP

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

新刊JP

写真不倫が起こるべくして起こる「ある環境」とは?
不倫が起こるべくして起こる「ある環境」とは?
今年は有名人の「不倫」が何かと話題に上りますよね。

ベッキーさんとゲスの極み乙女・川谷絵音さんにはじまり、桂文枝さん、乙武洋匡さん、最近では中村橋之助さんが不倫報道を受けて謝罪会見を開きました。

結婚しているのに他の異性と恋愛関係になることはいけないこと。その認識は誰もが持っているはずなのに、不倫がなくなることはありません。

それは著名人であっても一般人であっても変わらないこと。

不倫に関するアンケートを実施し、その回答に基づいて書かれた『みんなの不倫〜お値段は4493万円!?〜』(露木幸彦著、宝島社刊)によれば、不倫は「ある環境下」では起こるべくして起こるといいます。

では、その「不倫が起こる環境」とは、一体どのようなものでしょうか。

■不倫が起こるべくして起こる「ある環境」って?

著者の露木氏は、不倫は「好いた惚れた」だけで始まるわけではなく、「始まるべくして始まる特別な理由」があるといいます。

不倫が起こる外部要因として多いのが、「職場が同じ」というもの。そして、特に不倫が多い職場は「病院」と「老人ホーム」なのだとか。

露木さんは、本書で「ストレス×生存欲求=性欲」という計算式を立てて、業務のストレスと生存欲求が高いほど性欲に結びつきやすく、その結果、不倫につながりやすいとしています。

医師・看護師は、人の生死を扱うために、常にプレッシャーを感じ続けているのでストレスは大きいはず。また、医師以上に人の死に立ち会うことの多い老人ホームの介護士は、生存欲求が高いと露木さんは言います。

「病院」や「老人ホーム」に限らず、ストレスの多い職場では「社内不倫」が起こりやすいといえるようです。

■職場で不倫が始まる理由とは?

では、どのようにして不倫は始まるのでしょうか。本書では、職場不倫のキーワードとして「愚痴」を挙げています。

職場では、「同じ目に遭っている」という仲間意識が、愚痴を言いやすい空気を作ります。立場や年齢によって多少の差はあるでしょうが、少なからず共通する愚痴はあるはずで、それが同僚との間には奇妙な連帯感や一体感が芽生えていくのです。

また、仕事の愚痴は同僚でなくては理解できないことも多く、弱みをさらけ出しやすい点も重要です。

これは不倫が話題になっている芸能界にも、同じことが言えるかもしれません。職場の環境が過酷であるほど、「不倫しやすい環境」に近づくのです。

本書は、不倫が起こる内的・外的要因や、男女別の不倫の目的などが、体験談を交えて詳しく解説されています。

“禁断の恋愛”である不倫に足を踏み込む前に、自分の不貞の結果どのようなことが起こり、誰が困るのかを一度冷静になって考えたいものですね。

(新刊JP編集部)

このニュースに関するつぶやき

  • 学校もだ
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定