ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > たばこを吸う人は減少傾向、男性40代以上で3割弱

たばこを吸う人は減少傾向、男性40代以上で3割弱

4

2016年09月16日 13:20  QLife(キューライフ)

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

QLife(キューライフ)

喫煙者の4割に禁煙願望あり

画像はリリースより

 紫煙をくゆらせる―という表現は、もしかしたら死語になりつつあるかもしれません。紫煙とはたばこの煙のことで、「たばこを吸う」という意味。禁煙や分煙の動きが進むなか、たばこを吸う人も減少傾向にあることが、マイボイスコム株式会社の「たばこに関するアンケート調査」でわかりました。

 調査は5回目で、今回は男女10,865人から回答が集まりました。「喫煙経験がありますか」という問いに、「現在吸っている」と答えた人は18.3%。2008年の調査と比べ、6.8ポイント少なくなっています。喫煙者は男性40代以上が3割弱と、他の世代に比べて多くなっており、女性は1割弱でした。反対に、「吸ったことはない」という人は55.4%で、2008年調査比で7.4ポイント増加しています。

 また、現在たばこを吸っている人のうち、4割強が「禁煙したい」と回答。禁煙経験者のうち、禁煙補助剤や医療機関などを利用したことがある人は3割強で、禁煙ガム、禁煙パイプといったグッズが1割前後となっています。「過去に吸っていたが、現在は吸っていない」と答えた“禁煙成功者”は、男性50代以上が5割弱と多く、他の層より比率が高くなっています。

分煙の状況には、半数以上が「不満」

 公共施設や店舗、路上、駅の構内などでは分煙の動きが進んでいますが、分煙の現状に対する満足度を聞いたところ、不満を感じている人が45.7%と、満足している人の25.1%を大きく上回りました。たばこを吸っている人は3割、吸ったことがない人は5割強が不満を感じていると答えています。

 回答者のコメントをみると、「満足」と答えた喫煙者のなかには「現在では分煙がかなり進んでおり、吸えない環境も多くなっているので、いさぎよくあきらめることができる」と覚悟している声も。一方、「不満」と答えた人のなかには、「たばこを吸うことが悪いみたいに言われるのは嫌です」といった喫煙者の主張や、「臭いや煙が禁煙エリアにも入ってきており、きちんと分煙できていないところがほとんど」という厳しい指摘もありました。

 また、「喫煙所の数が少なすぎるし、喫煙所は刑務所の牢屋みたいで肩身が狭い」と、笑えるようで笑えない回答も。海外では、完全禁煙という場所もあるなか、制限はあるもののたばこが吸える場所があるだけ、喫煙者にとって、日本は恵まれていると考えるべきでしょうか。(菊地 香織)

関連リンク

⇒元の記事を読む

このニュースに関するつぶやき

  • 職場の喫煙所で休憩時間でもないのにタバコを吸いに行くことが許されている環境がある事が不思議でしょうがない
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 職場の喫煙所で休憩時間でもないのにタバコを吸いに行くことが許されている環境がある事が不思議でしょうがない
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定