ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > 米沢嘉博記念図書館で東村アキコ原画展 代表作を期間ごとに特集

米沢嘉博記念図書館で東村アキコ原画展 代表作を期間ごとに特集

1

2016年10月05日 19:20  KAI-YOU.net

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

KAI-YOU.net

写真 米沢嘉博記念図書館で東村アキコ原画展 代表作を期間ごとに特集
米沢嘉博記念図書館で東村アキコ原画展 代表作を期間ごとに特集
『東京タラレバ娘』『海月姫』などの作品で知られる漫画家・東村アキコさんの原画展が、2016年10月7日(金)から2017年2月12日(日)まで、明治大学・米沢嘉博記念図書館にて開催される。入場は無料。

【米沢嘉博記念図書館で東村アキコ原画展 代表作を期間ごとに特集の画像・動画をすべて見る】

本展では、東村アキコさんによる代表作品の原画を、ほぼ1ヶ月ごとに4つの期間にわけて特集する。



10月7日(金)から31日(月)までは、初期作品『かくかくしかじか』『ひまわりっ〜健一レジェンド〜』を特集し、東村アキコさんのルーツを探るという内容。



11月3日(木・祝)から28日(月)までは、『海月姫』『きせかえユカちゃん』の2作品を通して、少女漫画家としての東村アキコさんの作品を紐解く。



12月2日(金)から25日(日)までは、「東村アキコの多様性」と題し『ママはテンパリスト』『メロポンだし!』『主に泣いてます』『美食探偵 明智五郎』の4作品を特集。



そして2017年1月13日(金)から2月12日(日)までは、「東村アキコの現在 ―女子よ、自分の足で立て!―」と題し『東京タラレバ娘』『雪花の虎』が特集される。

「東村アキコオールスターズ」イラスト展示やトークショーも




また、各期共通展示として、東村プロ出身漫画家の紹介コーナーや、横手市増田まんが美術館で原画展開催時に描かれた「東村アキコオールスターズ」のイラスト制作風景を収めた映像や原画の展示も行われる。

さらに、「文化庁メディア芸術祭20周年企画展―変える力」連携企画として、10月29日(土)には明治大学リバティタワーで東村アキコさんのトークショーが、11月12日(土)には米沢嘉博記念図書館で、講談社・集英社・小学館の編集者によるトークイベント「ライバル編集者、東村アキコを語る!」が開催される。

※画像はすべて米沢嘉博記念図書館公式Webサイトより

    あなたにおすすめ

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定