ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > アニメ×地域振興の可能性とは? 集中セミナーに山本寛ら登壇

アニメ×地域振興の可能性とは? 集中セミナーに山本寛ら登壇

2

2016年10月06日 11:20  KAI-YOU.net

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

KAI-YOU.net

写真 アニメ×地域振興の可能性とは? 集中セミナーに山本寛ら登壇
アニメ×地域振興の可能性とは? 集中セミナーに山本寛ら登壇
NAKANOで地域×アニメとは何かを学ぶ集中セミナー」が、10月22日(土)に東京・中野区産業振興推進機構ICTCOにて開催される。

【アニメ×地域振興の可能性とは? 集中セミナーに山本寛ら登壇の画像・動画をすべて見る】

本イベントは、漫画・アニメ・ゲームといったコンテンツを使った振興策に興味のある地域の代表者、実務者、企業幹部を対象としたセミナー。

アニメーション演出家/監督の「ヤマカン」こと山本寛さんや株式会社シェアコト・アニメコンテンツマーケティングプランナーの武者慶佑さんらが登壇する。

「地域×アニメ」に必要な知識を学ぶ集中セミナー




「NAKANOで地域×アニメとは何かを学ぶ集中セミナー」は、アニメビジネスの現場を知る4人の講師が、アニメと地域が円滑に協業するために必要な知識と知見をそれぞれの視点で提供する。

登壇するのは、ファンが作品の舞台となった土地を訪れる「聖地巡礼」の火付け役となった『らき☆すた』をはじめ、仙台を舞台にした『かんなぎ』『Wake Up, Girls!』などの作品で知られる、アニメーション演出家/監督の「ヤマカン」こと山本寛さん。



ドコモやマイクロソフト、ライフカード、カンロなどの企業とアニメコンテンツのタイアップを多数手がけてきた、株式会社シェアコト・アニメコンテンツマーケティングプランナーの武者慶佑さん。



「聖地巡礼プロデューサー」として、さまざまな地域でのイベント企画やグッズ開発のほか、編集・執筆活動も行っている聖地巡礼研究の第一人者・柿崎俊道さん。



『true tears』『花咲くいろは』『SHIROBAKO』などの作品を生み出してきた地域密着型のアニメ制作会社・P.A.WORKSの関連会社である一般社団法人PARUS事務局長をつとめる徳武英章さんの4人の講師が登壇する。

参加費は各コマごとに3,000円(4コマ通し券は9,000円)で、Peatixにてチケットの申込みを受付中だ。

※本文中の画像はすべてPeatixイベントページより

    あなたにおすすめ

    オススメゲーム

    ニュース設定