ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > いよいよ始動!世界初の「VR MANGA」タルるートREBOOT制作ドキュメントVol.9

いよいよ始動!世界初の「VR MANGA」タルるートREBOOT制作ドキュメントVol.9

0

2016年10月22日 08:51  キャラペディア

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

キャラペディア

写真「VR MANGA」タルるートREBOOT
「VR MANGA」タルるートREBOOT
VR元年と言われる2016。各社独自の熱い展開を意欲的、精力的に発信している中、いよいよ新たなカテゴリを創造し、独自の文化を築きあげようとする試みが開始されました。

「そうだ、VR(バーチャルリアリティ)。世界初の「VR MANGA」を作ってみよう!」

これは、株式会社ダブルエル代表取締役社長:保手濱彰人の試行錯誤、挑戦の過程を追う、制作ドキュメントである。

■「辿り着いた技術」

漫画の世界に入り込むという体験を、さらに深く追及するにはどうしたらよいのか、既存アニメとのすみ分け、今回のアプリを面白くするにはステージの検証で採用したゲームブック展開に、もうひと加えしたい。決定打になる何か。現実の世界が現実である事には、周囲にリアルな音響があることが大きい。

立体音響とは、現実かと間違えるようなリアルな体験が出来る音声技術事です。立体音響がどのようなものか、文章説明でなく、実際に体験して頂きたく、ヘッドフォンを装備してお試し下さい。

※体験動画はキャラペディア記事内にて掲載

保手濱「体験頂けましたでしょうか?お判り頂けたと思うのですがとてもリアルな技術なのです。」

これは凄いですね。蜂がブンブン飛び回って、ちょっと煩わしいくらいです。

保手濱「今回、この技術を作品に採用することになり、一旦は出来上がっていたVRマンガ、全ては「世界初であること」皆様に面白いモノを届けるために検証と仮説をやり直しました。新しい条件が加わる事により、再度検証が必要だと思いました。」

本を使用して表面的な2Dなっているステージ形状

立体音響技術によって「360度の感覚」を実装可能になった。

成る程、これはイメージしやすいですね。

保手濱「当たり前の事でしたが、VR(バーチャルリアリティ)の世界なので、ステージは非常に空間的なモノでした。今回、立体音響技術を採用することにより2Dである漫画の世界が3Dという空間的理想的なステージを探し求める事になりました。」

「VR-MANGA」タルるートREBOOT制作ドキュメントVOL.9 動画その
https://youtu.be/JW34Htmf4ms

「VR-MANGA」タルるートREBOOT制作ドキュメントVOL.9 動画その
https://youtu.be/tUylQ1PoFNI

「VR-MANGA」タルるートREBOOT制作ドキュメントVOL.9 動画その
https://youtu.be/RItErBI1Nmc

「VR-MANGA」タルるートREBOOT制作ドキュメントVOL.9 動画その
https://youtu.be/K-ReF2z7Id4

凄いですね、もうここまで出来上がっているのですね。

保手濱「数々の検証を経て、一旦辿り着いたステージの形状があります。」

これを仕上げて、完成させて、リリースではないとの事。さらに期待が高まります。

■落書きステージの誕生

下記の画像は斎木信太朗さんの3.14Ch企画制作、第6回公演「司令室」の舞台美術画像を拝借し加工させて頂いた画像です。

このステージがどのような使い方をされるのか?

保手濱「長くなってしまったので、次回のお愉しみにさせて頂こうかと思います。」

いいところで今回のリポートも終わってしまいました。早いもので、いよいよ次回が最終リポートになります。「世界初VR-MANGA制作」もリリースに向け大詰め。どこまでを伝えられるか判りませんが、制作ドキュメント「VR(バーチャルリアリティ)造りの文化」最終章としてお届け出来ればと思います。

記事:リアルBOSS(磯崎誠之)

【この記事の全情報・全画像はこちら】

    あなたにおすすめ

    オススメゲーム

    ニュース設定