フォルクスワーゲン、16年限りのWRC撤退を正式発表! カスタマースポーツに集中

30

2016年11月02日 21:01  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真近年のWRC世界ラリー選手権を席巻したフォルクスワーゲン・ポロR WRC。突然の撤退となってしまった。
近年のWRC世界ラリー選手権を席巻したフォルクスワーゲン・ポロR WRC。突然の撤退となってしまった。
 フォルクスワーゲン・モータースポーツは11月2日、2016年限りでのWRC世界ラリー選手権からの撤退を正式に発表した。2017年からはカスタマースポーツ活動に集中することになる。

 2013年からWRCに参戦し、主にセバスチャン・オジェ、ヤリ-マティ・ラトバラを擁しラリー界を席巻してきたフォルクスワーゲンが、突然その活動をストップさせることになってしまった。2日、フォルクスワーゲンは『将来に向けたモータースポーツ活動の再編成』というタイトルのプレスリリースを発行し、噂になっていたWRC撤退を正式に認めることとなった。

 これでWEC世界耐久選手権からの撤退を発表したアウディに続き、世界選手権からフォルクスワーゲングループのブランドがひとつ表舞台から去ることとなってしまった。

 フォルクスワーゲンの技術管理取締役のフランク・ウェルチは「フォルクスワーゲンブランドは、非常に大きな挑戦に直面している。我々が発売している市販車のレンジのなかで電気化の波が拡大しており、我々は非常に重要な将来のテクノロジーに向け、努力を集中させなければならない」とハノーファーにあるフォルクスワーゲン・モータースポーツの200人の従業員に向けて語ったという。

「同時に、フォルクスワーゲンはカスタマースポーツに向けて集中していく。サーキットでは、ゴルフGTI TCRを、ラリークロスではフォルクスワーゲン・ビートルGRCを投入しているが、カスタマーに向けて我々はR5レギュレーションに則したポロを開発する予定だ」

 今後、ウェルチの語るとおりフォルクスワーゲンはツーリングカーレースとして人気を博しているTCR用のゴルフ、アメリカで高い人気を誇るラリークロス用のビートルとともに、ラリー界のカスタマー向けにポロR5を2018年に向けて開発していくという。

「ドライバーたちは速さだけでなく、フォルクスワーゲンブランドの信じられないほど効果的な大使だった。我々はこの優れたチームとともに働きたいし、ふたたびこのチームで戦いたい。同時に、我々は市販車の開発とモータースポーツの部門での協力を拡大していく」

「これは近い将来、両者ともに利益をもたらすだろう。フォルクスワーゲン・モータースポーツの従業員たちには、仕事が保証されている」

このニュースに関するつぶやき

  • モータースポーツはお金がかかる���դ�企業としては選択と集中が必要な時期なんでしょう。今日、速い車が売れない時代だし、WRC諦めるのもある意味英断�Ԥ��Ԥ��ʿ�������も フォルクスワーゲン、16年限りのWRC撤退を正式発表! カスタマースポーツに集中 (11/2 21:01)
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • アウディもWECから撤退するから魅力が半減しないかちょっと心配
    • イイネ!5
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(9件)

あなたにおすすめ

ニュース設定