ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 6割以上の都民が老後を過ごしたい場所とは?

6割以上の都民が老後を過ごしたい場所とは?

2

2016年11月16日 12:01  QLife(キューライフ)

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

QLife(キューライフ)

20代は「移住」にも高い関心

 「高齢化」は、地方だけで起きている現象ではありません。最新の統計によると、東京都の高齢者(65歳以上)人口は約301万人と、初めて300万人を突破。高齢化率は23.1%で、こちらも過去最高を更新中です。さらに、民間の有識者で作る「日本創成会議」が「2025年には東京圏の介護施設の不足が深刻化する」と衝撃的な発表をするなど、東京でも着実に高齢化は進んでいます。

 このような背景のもと、東京都では、老後の暮らし方や親の介護などに関する意識を把握し、今後の高齢者施策展開のためのデータを得ることを目的に、現役世代の都民にアンケートを実施。20歳から65歳未満の都民2,602人から回答が集まりました。今回は、この中から老後の居住地に関する項目を紹介します。

 高齢期(65歳以上)を過ごしたい場所は、都内希望者が6割半ばと最も多く、東京以外への移住を希望している人は14.7%と少数にとどまっています。年代別に見ると、40代以上は都内志向が強く、年代が上がるにつれて強まる傾向にあります。一方で、20代は海外への移住希望者も含めて24.2%が移住を希望していることがわかりました。

最期を迎えたい場所は、やはり自宅

 移住希望者に、移住をする上での不安を訪ねたところ、「日常生活の利便性」が44.3 %と最多で、次いで「医療・福祉(41.0%)」、「公共交通の利便性(33.9%)」、「移住先の人間関係(25.5%)」などという結果でした。しかし、「東京・近隣3県(埼玉・千葉・神奈川)以外の国内」に移住したい人は、利便性をさほど懸念しておらず、都市のけん騒から離れてゆっくり暮らしたいという「スローライフ」への憧れも見てとれます。

 高齢期を過ごしたい場所を選んだ理由としては、「住み慣れた地域に暮らしたいから」、「日常生活の利便性がよいから」、「家族・親戚・友人など親しい人がいるから」などが上位。また、地方への移住を希望している人は、「食べ物や水、空気が美味しいから」、「健康的な生活を送りたいから」が全体と比べ高くなっており、目的に合わせて移住先を選ぶ人が多いようです。

 最期を迎えたい場所は、「自宅(38.2%)」が1番で、「ホスピス(緩和ケア病棟)」、「ホスピス以外の医療機関」と続きます。老後の暮らしを経て、いずれ訪れる人生の終末。病院で亡くなる方が増える今、住み慣れた自宅で看取ってもらうことは、理想の最期なのかもしれませんね。(菊地 香織)

関連リンク

⇒元の記事を読む

このニュースに関するつぶやき

  • 現実的に考えて、高齢者の方が広範囲の移動が困難なのに、近場だけでの生活が難しい田舎に高齢で移り住んでは生活に支障を来す可能性大ですからね。特に積雪が多いところで雪かき雪下ろしは無理でしょう。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 元新潟県人の父曰く、今更故郷で雪降ろしなんぞ出来んと。もう、東京での生活の方が人生の過半数を越えてるもんね。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定