ホーム > mixiニュース > コラム > 流行語大賞に異変あり?例年よりも”サヨク偏向”が減少した背景

流行語大賞に異変あり?例年よりも”サヨク偏向”が減少した背景

14

2016年11月19日 13:10  デイリーニュースオンライン

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

デイリーニュースオンライン

写真Photo by jwltr freiburg
Photo by jwltr freiburg

 いったいどうしたんだ?

 そんな疑問を持たれた向きも多かったのではないか。恒例の<2016 ユーキャン新語・流行語大賞>(現代用語の基礎知識選)のノミネートが、今年も発表された。疑問については後述するとして、まず候補となった言葉を見てみよう。

芸能&メディア関係(11)
『週刊文春』スクープによるベッキー(32)と川谷絵音(27・注1)の不倫騒動から、<ゲス不倫><文春砲><センテンススプリング>。さらに<ポケモンGO><シン・ゴジラ><君の名は。><おそ松さん><びっくりぽん><斎藤さんだぞ><PPAP>と各ジャンルでの大ヒットを象徴する言葉が続き、国民を悲しませた<SMAP解散>も加わる。

スポーツ関係(3)
 リオ五輪から<タカマツペア>、別のペア(注2)で<(僕の)アモーレ>、広島カープ・緒方孝市監督(47)がナインに送った<神ってる>と少数精鋭。

社会関係(7)
 <歩きスマホ><AI><くまモン頑張れ絵><ジカ熱><民泊><聖地巡礼><マイナス金利>と、説明不要なほど耳にする機会が多かった言葉が並ぶ。

政治関係(9)
 ブームを呼んだ小池百合子都知事(64)関連で、<アスリートファースト><都民ファースト><レガシー><盛り土>。海外からの<パナマ文書><EU離脱><トランプ現象>は妥当なところだ。そして安倍晋三首相(62)が消費税増税を延期した際の<新しい判断>と、不自然に盛り上がったが鎮火も早かった<保育園落ちた日本死ね>……。

 以上30の言葉(注3)が挙がっている。どうだろう? 多少、違和感の残る言葉はいくつかあれど、例年に比べれば理解できる範疇と言える。

■サヨク流行語から脱却?

 これまでの流行語大賞といえば、昨年の<トリプルスリー>に代表されるように、「それ、どこで流行ってたの?」と言われることが恒例。そして、これも昨年の<アベ政治を許さない><SEALDs>や、2014年の<集団的自衛権><ダメよ〜ダメダメ>(注4)など、露骨なまでに偏向した言葉を選ぶのもルーティンと化していた。

 その度に「サヨク流行語大賞と名称を変えろ」など、厳しい批判を浴びせられてきた(注5)。が、今年は<〜日本死ね>こそ伝統を守って品性下劣だが、全体的におとなしくなった印象は否めない。昨年、猛批判を浴びたことが、さすがに堪えたか? 

 これで<サヨクのおもちゃ>や<団塊世代御用達>との誹りから脱却できるならば、ご同慶の至りなのだが——。冷静になれば、「選ばれるべき」言葉が抜けていることにも気付く。

 昨年は流行語大賞の選考委員長まで務めた鳥越俊太郎氏(76・注6)が、都知事選前後に突っ込まれまくった<公約とかはできてません><私は昭和15年生まれで、終戦(昭和20年)の時、20歳でした><ネットはしょせん裏社会>…これら(他にも数多ある)妄言の数々。

 同じく選考委員だったやくみつる氏(57)がポケモンGOユーザーに言い放った<心の底から侮蔑します>。

 その鳥越氏を(都知事選で)応援していた蓮舫氏(48)のウソの数々。一言に集約すれば<二重国籍>か。

 その蓮舫氏と野党共闘(注7)した、共産党の藤野政策委員長(当時)が防衛費について言い放ち、国民の猛反発を呼んだ<人を殺すための予算>。

 流行語大賞が例年よりおとなしいのは、お仲間たちの偏向しまくった妄言・失言への矛先をかわすためか? そんな疑念も湧いてしまうのだ。

 この中からベスト10と大賞が選出されるのは12月1日。政治的な思惑優先の<ゲス流行語>ではなく、<流行ファースト>な<シン・流行語大賞>となっていれば幸い。

(注1)川谷絵音…バンド<ゲスの極み乙女。>ボーカル。情は薄いがツラの皮は厚い。
(注2)別のペア…サッカー日本代表の長友佑都と女優・平愛梨のカップル。
(注3)30の言葉…言葉というか、単なる名称の場合も多い。
(注4)<〜自衛権><ダメよ〜>… 並べて読ませることを狙った。
(注5)厳しい批判…筆者もその一人。
(注6)鳥越俊太郎…妄言に関しては<神ってた>。
(注7)野党共闘…<ゲス不倫>みたいなもの。


著者プロフィール


コンテンツプロデューサー


田中ねぃ


東京都出身。早大卒後、新潮社入社。『週刊新潮』『FOCUS』を経て、現在『コミック&プロデュース事業部』部長。本業以外にプロレス、アニメ、アイドル、特撮、TV、映画などサブカルチャーに造詣が深い。Daily News Onlineではニュースとカルチャーを絡めたコラムを連載中。愛称は田中‟ダスティ”ねぃ

このニュースに関するつぶやき

  • ���塼���å�》流行語大賞「ガソリーヌ&貳重國籍」
    • イイネ!8
    • コメント 0件
  • ���塼���å�》流行語大賞「ガソリーヌ&貳重國籍」
    • イイネ!8
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(7件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定