ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > IT総合 > 町工場で完成、体長4m巨大ロボ

体長4m、重量300kg。世界最大級“ガンダム型ロボット”の乗り心地は?

576

2016年12月17日 15:22  週プレNEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

週プレNEWS

写真体長4m、重量300kgの“ガンダム型ロボット”「はじめ43号」と、開発した坂元元社長
体長4m、重量300kgの“ガンダム型ロボット”「はじめ43号」と、開発した坂元元社長

コックピット内に乗り込み、メインスイッチをオンにすると、目がチカチカと点滅を始め、やがて周囲を威圧するかのような足取りでのっしのっしと歩き出す。

体長4m、重量300kgの“ガンダム型ロボット”が大阪・浪速の町工場でついに完成した。その名も「はじめ43号」だっ!

* * *

ひときわ、異彩を放つこの巨大ロボットを開発したのは大阪市西淀川(にしよどがわ)区にあるロボット製作会社「はじめ研究所」の坂本元(はじめ)社長。

区内の町工場とタッグを組み、腕や胴体など、手作りの部品をこつこつと作り続けること6年。この秋にやっと内蔵コックピットに人が乗り込み、二足歩行する世界最大級のロボットの完成にこぎ着けたという。坂本氏が言う。

「中学生の頃にガンダムに夢中になって、大きくなったらあんなロボットを作ってみたいと思っていたんです。でも、現在の人型ロボットの開発・研究は『人間の代わりをすること』『人間とコミュニケーションを取ること』を主眼に進められているため、ロボットは人間よりも小さなものばかり。私が憧れていた、人が乗り込むような巨大ロボットはニーズがない(苦笑)。だったら、自分で作るしかないと、勤めていた重工業メーカーを辞め、2002年に『はじめ研究所』を設立し、ロボット作りに乗り出しました」

その後、坂本社長は05年に大阪市西淀川区の製造業の経営者らでつくるグループ(=「NKK(西淀川経営改善研究会)」)と出会い、意気投合。すぐに「二足歩行、搭乗可能な巨大ヒューマノイドロボット開発プロジェクト」をスタートさせ、試行錯誤の末に完成したのが「はじめ43号」なのだ。

開発にあたっては基本設計図やロボット制御のプログラムを坂本社長が作り、ロボットパーツの製作は「NKK」に参加する10の町工場が担当した。

「そもそもこんな大きなロボットなんて誰も作ったことがないから部品がない(笑)。まずは部品を設計することから始まりました。動作テストにしても、体長50cmほどの小さなロボットならば1日でできることが、この大きさだと10倍の時間がかかるんです」

特に苦労したのは、二足歩行させることだったとか。

「人間の足は地面を蹴り上げるときにものすごいパワーを発揮するんですが、直後、着地のときには脱力した状態で地面に足を下ろしている。この脱力がロボットには難しいんです。試行錯誤を繰り返すなかで、人間の足の素晴らしさを改めて実感しました(笑)」

ここで「はじめ43号」の腹部にあるコックピット内を見せてもらった。内部には大きなモニターがあり、頭部、両肩に設置されたカメラの映像が映し出される。操縦者はその映像を見ながら、ロボットをコントロールするのだ。右側にはロボットの下半身を制御するジョイスティック。ユニークなのは左側にあるミニロボットの上半身フィギュアだ。これで「はじめ43号」の頭、腕、手指などの上半身を操作するという。

「ミニロボットの腕を下ろしたり、上げたりすると、本体の腕も上下する。頭を傾けると本体の頭も傾くという直感的な操作ができる仕掛けです」

さらに驚いたのが、動作の機敏性。試しに“鉄人ポーズ”をお願いすると、右腕を前方に、左腕を折り曲げる動作をいとも簡単にやってのけた。ただし、いくつか難点も。上半身に比べ、下半身の動き、特に歩行がスローで、速度は分速わずか4m。

「遅い上に転倒しやすいんです(苦笑)。2本の足に10個のモーターを組み込み、それぞれが1秒間に50回も出力を変化させることで歩行しています。もし、モーターがひとつでも止まればバランスが崩れ、すぐに倒れてしまいます」

記者もコックピットに乗せてもらったが、地上3m近いためかなり高く、怖い。この状態で前向きに倒れたら、ドアが開かなくなり、操縦者は脱出不能になる恐れも…。

「そのとおりです。いや、それ以前に、倒れた衝撃で乗っている人間が動けなくなる(苦笑)。でも、大丈夫。事故防止用にホラ、天井から命綱のワイヤーがついているでしょ。たとえ転倒しても、命綱のおかげで横倒しになることはありません」

現状、歩行は屋内のみ。命綱をつなぐ屋根のないオープンな空間では歩けないのだが、坂本社長に諦めの表情はない。

「現状では見たい、乗りたいと人に思わせるだけのエンタメ用ロボットにすぎません。でも、いつかはガンダムのようなロボットを作ってみせます。今回完成したのは4mバージョンですが、今後も開発を続けて、次は8m、そして最終的にはガンダムと同じ18mサイズの巨大ロボットを完成させる予定です」

ちなみに、「はじめ43号」のお値段は5000万円。

「売れたらその資金を全額つぎ込み、すぐに8mサイズのロボット製作にとりかかりますよ。このご時世、ちょっといい家を建てようと思ったら5000万円くらいする。それだけ出して家を建てるぐらいなら、ガンダムを買ってみようかなと思う人はきっといると思うんですが…」

そう大まじめに語る坂本社長。巨大ガンダム型ロボット完成の日も決して遠くはないはずだ。

https://www.youtube.com/watch?v=KAVOmMNq8HI

https://www.youtube.com/watch?v=I5khGmx523A

●坂元 元(さかもと・はじめ) はじめ43号開発責任者。1967年生まれ。ロボカップ(世界的なロボットのサッカー大会)優勝ロボットの製作など、国内外で数々の賞を受賞。人型ロボット製作の第一人者

(取材・文・写真/ボールルーム)

このニュースに関するつぶやき

  • ラムダドライバは搭載してるか?
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 文句ばっか言って何もしないしロマンもないmixi民ごときより、実際に完成させたこの御仁の漢気に乾杯。
    • イイネ!103
    • コメント 6件

つぶやき一覧へ(345件)

あなたにおすすめ

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定