ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > ラッパーSALU×都営大江戸線 地下鉄トンネルの映像とラップが融合

ラッパーSALU×都営大江戸線 地下鉄トンネルの映像とラップが融合

0

2016年12月20日 15:01  KAI-YOU.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

KAI-YOU.net

写真 ラッパーSALU×都営大江戸線 地下鉄トンネルの映像とラップが融合
ラッパーSALU×都営大江戸線 地下鉄トンネルの映像とラップが融合
ラッパーのSALUさんが東京都交通局とコラボレーションした動画「東京ローラーコースター」がYouTubeにて公開された。

【ラッパーSALU×都営大江戸線 地下鉄トンネルの映像とラップが融合の画像・動画をすべて見る】

都営交通としては初めて大江戸線の運転席からの視界を公式撮影。SALUさん録りおろしの楽曲「On The Way」と見事に融合した動画に仕上がっている。

新鋭ラッパー・SALUとは?




SALUさんは北海道札幌市出身のラッパー。若くして卓越したフロウと独特のリリックセンスで知られ、「日本語ラップの新鋭」と評され、ヒップホップシーンの内外から注目を集めている。

SKY-HI × SALU / Sleep Walking (Official Music Video)



4月には自身でプロデュースした3枚目のアルバム『Good Morning』、10月にはSKY-HIさんとコラボしたアルバム『Say Hello to My Minions』をリリース。いずれも話題を呼んだ。

SALUのラップと地下鉄トンネルの映像コラボがクール!




そんなSALUさんと今回コラボを果たした都営大江戸線は、日本で最も長距離にわたって運行し、日本で最も深い場所を通っている地下鉄路線。

地上の道路に沿って急カーブしたり、アクセルやブレーキを効率よく効かせるため駅の間でアップダウンを繰り返す。



例えば、勝どきから赤羽橋までは約4.6kmの区間に5箇所もの急カーブが存在。また、牛込神楽坂から飯田橋の間には、約1.0kmの間に25mもの高低差を駆け下りていく。

このローラーコースターのコースのようにも見える地下トンネルでの定時・安全運行は、正確な運転システムと地道な保守作業によって支えられているという。



そんな大江戸線の運転席から見える不思議な地下トンネルの世界とSALUさんの楽曲「On The Way」がコラボ。



作詞はSALUさん、作曲/編曲はクリエイターチーム・origami PRODUCTIONS所属の関口シンゴさんが担当している。

実際に大江戸線に乗って、都営地下鉄がある生活をイメージしながら作詞しました。
音と言葉で都会の日常が流れていく様を表現しているところがこの楽曲のポイントです。
SALUさんコメント

    あなたにおすすめ

    ニュース設定