しゃべる人体模型で「からだのしくみ」が学べる週刊分冊百科『おしえて!おしゃべりガイコツ』シリーズ発売

0

2017年01月05日 13:02  MAMApicks

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

MAMApicks

写真写真
デアゴスティーニ・ジャパンは、分冊百科シリーズの新刊として、毎号付属するパーツを組み立てて人体模型「ホネッキー」を完成させる、週刊「おしえて!おしゃべりガイコツ」の発売を開始した。


(C)2016 Gridmark Inc. All rights reserved.
人体模型ホネッキーは完成すれば身長90cmの大きさとなり、心臓や各内臓パーツも付属。毎号2〜3枚付属する「おしゃべりカード」を頭にかざすと、ホネッキーがおしゃべりする仕掛けになっている。

同誌マガジンでは、人体の仕組みをはじめ、“大人と赤ちゃん”“動物と人”の身体の違いなどを学ぶことができるほか、最新のからだの研究や医療技術について、マンガやイラストでわかりやすく紹介されている。目で見て、耳で聞き、手で触ることで、多角的に「からだのしくみ」を学ぶことができる。



創刊号特別価格は199円。第2号が690円で、第3号以降の通常価格は1,190円(第12号のみ2,380円、すべて税込)。シリーズは全70号で完結。

おしえて!おしゃべりガイコツ
http://deagostini.jp/oga/
    ニュース設定