ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > DMMがアニメーションレーベル設立 『有頂天家族2』より事業開始

DMMがアニメーションレーベル設立 『有頂天家族2』より事業開始

1

2017年03月10日 13:22  KAI-YOU.net

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

KAI-YOU.net

写真 DMMがアニメーションレーベル設立 『有頂天家族2』より事業開始
DMMがアニメーションレーベル設立 『有頂天家族2』より事業開始
株式会社DMM.comが、新たにアニメーションレーベル「DMM pictures」の設立を発表した。

【DMMがアニメーションレーベル設立 『有頂天家族2』より事業開始の画像・動画をすべて見る】

2017年春より、ライセンスビジネスや作品における製作委員会への参画を行なっていくという。

4月9日より放映開始となる、『有頂天家族2』より事業を開始。また、7月より「ノイタミナ」にて放送開始の『DIVE!!』、海外権や国内の一部ライセンスを取得した『銀河英雄伝説』などのタイトルへの参画が決定している。

アニメーションとDMM.com


DMM.comは、2月より代表取締役社長に元ピクシブ株式会社代表取締役社長の片桐孝憲さんが就任。

音楽でつながるコミュニティアプリ「nana」や写真アルバムアプリ「POOL」の買収を行ったことでも話題を呼んだ。



多角的に事業を展開するDMM.comだが、アニメーション業界への参画というと、自社コンテンツであるブラウザゲーム『艦隊これくしょん-艦これ-』『刀剣乱舞』のアニメ化も記憶に新しい。

アニメーターの低賃金問題やスタジオの閉鎖など、暗い面も取り沙汰されることの多いアニメーション業界だが、DMMの参画がどのような影響を与えるのか、期待したい。

今後、「DMM pictures」では、海外でのコンテンツビジネスの最大化や、日本のアニメーション文化の認知向上にも積極的に貢献していくという。

    あなたにおすすめ

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定