ホーム > mixiニュース > トレンド > 『醤油手帖』著者の新刊『グルメ漫画50年史』 黎明期から多様化する現代まで

『醤油手帖』著者の新刊『グルメ漫画50年史』 黎明期から多様化する現代まで

0

2017年08月08日 19:11  KAI-YOU.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

KAI-YOU.net

写真 『醤油手帖』著者の新刊『グルメ漫画50年史』 黎明期から多様化する現代まで
『醤油手帖』著者の新刊『グルメ漫画50年史』 黎明期から多様化する現代まで
書籍化された同人誌『醤油手帖』の著者・杉村啓さんの新刊、『グルメ漫画50年史』(星海社新書)が2017年8月25日(金)に刊行される。

【『醤油手帖』著者の新刊『グルメ漫画50年史』 黎明期から多様化する現代までの画像・動画をすべて見る】

1970年代の黎明期から2010年代の爛熟期まで


圧倒的情報量とか書かれていますが、あれです。700作品ぐらいをひたすらこの半年以上読み返していました。という本でございます // グルメ漫画50年史 (星海社新書) を Amazon でチェック! https://t.co/BbI9PReBwm

— むむ@醤油手帖3日目A-51a (@mu_mu_) 2017年7月19日


いまや一大ブームを築いているといっても過言ではないグルメ漫画。

本書では、グルメ漫画の「面白さ」を定義したうえで、その50年近い歴史を振り返るとともに、現在に至るグルメ漫画隆盛の理由を解き明かしていく。

『突撃ラーメン』『ケーキケーキケーキ』が生まれた1970年代から、90年代の黄金期を挟んで、2010年代の爛熟期(または第二の黄金期)へ。

美味しんぼ』や『クッキングパパ』といった長期連載作品はもちろん、『ミスター味っ子』『孤独のグルメ』『焼きたて!!ジャぱん』『トリコ』など、様々な切り口をもった作品を各年代で紹介。

女性が料理を食べたり、酒を飲んだりする作品の増加をはじめ、多様化・細分化が一層進んだ2010年代の作品にも言及している。

コミケでは『醤油手帖』新刊も


C92は『醤油手帖 たまごかけご飯醤油百科』です! // はてなブログに投稿しました #はてなブログ
C92で『醤油手帖 たまごかけご飯醤油百科』が出ます【試し読みあり】 - 醤油手帖https://t.co/9OFASyPOkP pic.twitter.com/shEeQ9FY6r

— むむ@醤油手帖3日目A-51a (@mu_mu_) 2017年8月7日


著者である杉村啓さんは、醤油や日本酒、料理漫画など、飲食系ジャンルで同人誌や一般書籍を手がけるほか、『タモリ倶楽部』をはじめTVやラジオにも出演している。



一般書籍として発売された『醤油手帖』に加えて、星海社新書から『白熱日本酒教室』『白熱洋酒教室』『白熱ビール教室』を刊行。

サークル「醤油をこぼすと染みになる」でも活動しており、8月11日(金)から13日(日)に開催される「コミックマーケット92」では、新刊『醤油手帖 たまごかけご飯醤油百科』を頒布する。

コミックマーケット92はいよいよ今週末から

    あなたにおすすめ

    ニュース設定