ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 貴乃花vs八角理事長でマスコミが代理戦争! 貴派はスポニチ、文春、フジ産経、理事長派は読売、朝日、日刊ゲンダイ

貴乃花vs八角理事長でマスコミが代理戦争! 貴派はスポニチ、文春、フジ産経、理事長派は読売、朝日、日刊ゲンダイ

4

2017年12月26日 23:41  リテラ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リテラ

写真左・夕刊フジ 右・日刊ゲンダイ(12月26日付)
左・夕刊フジ 右・日刊ゲンダイ(12月26日付)

 いまだに連日、ワイドショーをにぎわしている日馬富士の暴行事件をめぐる貴乃花親方と八角理事長率いる日本相撲協会の対立劇。もっとも報道の論調は途中から一変してしまった。当初は、相撲協会のリークに乗っかった貴乃花親方バッシングが主流だったのが、いまでは、多くのテレビ、スポーツ紙、週刊誌が白鵬らモンゴル力士バッシング、相撲協会批判に傾き、貴乃花親方擁護の論陣をはるようになってしまったのだ。



 コメンテーターも同様で、相撲協会よりの相撲記者、相撲レポーター以外の出演者はいずれも貴乃花擁護のコメントを連発。たとえば、空気を読むことに長けていると評判の『ひるおび!』コメンテーター・八代英輝弁護士などは事件当初、あれだけ「貴乃花親方の対応に疑問を感じる」と声をあげていたのに、いまでは「貴乃花親方を処分しようとする日本相撲協会はおかしい」と相撲協会批判にまで踏み込むなど、態度を豹変させた。



 ただ、同じ貴乃花擁護派でもその本気度にはかなり温度差があるようだ。



「ほとんどのメディアは、世間の空気が貴乃花親方に同情的なので、そっちに乗っかってるだけ。"貴乃花親方にくっついて白鵬を叩いたほうが視聴率が取れるし、新聞も売れるから"というようなレベルです。そんななかで、ゴリゴリの貴乃花親方派なのは、今回の暴行をスクープしたスポーツニッポンと、貴乃花親方から直接、情報をリークされていて、近く親方の手記が掲載されるのではないかといわれている『週刊文春』(文藝春秋)。あと、フジ産経グループもあの極右排外主義に通じるものがあるのか、貴乃花親方を一貫して擁護していますね。特に『夕刊フジ』は露骨で、貴乃花親方にかこつけて思う存分モンゴルヘイトを全面展開してます」(スポーツ紙記者)



 もっとも、いまでも、貴乃花親方に批判的なメディアも数少ないながら存在する。まず、新聞では、読売新聞とスポーツ報知がドン・渡邉恒雄代表と日本相撲協会の関係から現在も相撲協会主流派の八角理事長に食い込んでおり、貴乃花に批判的だ。テレビでは、大相撲ダイジェストをずっと放送していた関係で、他局より相撲協会と関係が深いテレビ朝日がやや相撲協会よりといえるだろう。



 また、前回の理事長選挙の時から、貴乃花親方と協会私物化疑惑のある経営コンサルタントや新興宗教とが親密関係にあることに注目し、疑問を呈していた「週刊朝日」(朝日新聞出版)、「日刊ゲンダイ」が今回も貴乃花批判の急先鋒となっている。



●理事選挙を前に夕刊フジと日刊ゲンダイが貴乃花vs八角の代理戦争



 ようするに、メディアの側も、貴乃花親方派と八角理事長・相撲協会派にわかれて、代理戦争を繰り広げているのだ。しかも、この代理戦争はさらに露骨になっている。



 もともと、今回の暴力事件がここまでこじれた背景には、来年2月の理事長選挙、理事選挙をめぐる貴乃花親方と八角理事長の綱引きがあった。暴行事件を八角理事長おろしに利用したい貴乃花親方と、逆にその対応の責任を追及することで貴乃花親方を潰したい八角理事長。さらに、18日に錣山親方、湊親方、立田川親方の3人が、本来、八角理事長派である時津風一門からの離脱を表明すると、マスコミが両派の意向を反映した票読みまで始めたのだ。



 その典型が昨日25日発売の「夕刊フジ」と「日刊ゲンダイ」だろう。まず、

夕刊フジは「貴 勢力倍増」という見出しで、貴乃花部屋が時津風一門からの離脱を表明した錣山親方、湊親方、立田川親方の3人以外にも理事長派だった親方が 次々と反旗を翻して合流し、17人まで膨れ上がるとぶち上げた。



 一方の日刊ゲンダイはというと、夕刊フジとは真逆。「貴軍団内部分裂 勢力拡大のウソ」「貴乃花親方 勢力激減 自業自得」とのタイトルで、時津風一門を離脱した3親方も貴乃花を支持しないうえ、次々と人が離れていると報じた。



〈3人は来年の理事選で貴乃花一門を支持しないと聞いた〉〈この3親方に加え、前回の理事選で貴乃花一派を支持した時津風親方(44=元前頭時津海)以下の3親方もすでに離反、時津風一門からは計6人が貴乃花親方から離れることになります〉(日刊ゲンダイより)



 勢力は倍増どころか、減少の一途で、貴乃花は理事選で本人ひとりぼっちになる可能性さえ指摘されている。



 ここまで真逆だと、いったいどっちが正しいのか、わけがわからなくなるが、実はどちらもかなり、我田引水的な解釈、情報操作が混じっているようだ。



 まず夕刊フジだが、17人に膨れ上がるという根拠としてあげたのが例の"女装カレンダー"。この女装カレンダーは昨年12月の貴乃花部屋の忘年会で参加者に配られた貴乃花ら11人の親方の女装姿カレンダーが流出し物議を呼んだものだが、夕刊フジは「図らずも結束の固さが白日の下にさらされた(?)11人」と紹介。このカレンダーに、貴乃花一門と先の時津風一門を出た3親方以外に、時津風親方、玉ノ井親方、山響親方、甲山親方が登場していたと報じたのだ。



 もっとも、この"女装カレンダー"はまだ、ここまで対立が激化していない昨年のもので、貴乃花親方との距離感は例の騒動以降、大きく変わっている。実際に今年は、このカレンダーに出たのに、貴乃花部屋の忘年会に参加しなかった親方がかなりいたという。



●貴乃花勢力倍増と報じた夕刊フジ、でも能町みね子に間違いを指摘され



 しかも、参加した親方の名前も完全に間違えていたらしく、相撲通のコラムニスト・能町みね子氏からツイッターでこんなツッコミを入れられる始末だった。



〈「貴乃花派」に甲山親方が入ってるけど、これは例の女装カレンダーの正体をネットの誰かが間違えて甲山さんだと拡散したことから広まった誤解で、実際あの女装は陣幕親方。もうこの時点で信用性がいちじるしく低いのですが...〉



 他にも、"同期の桜"で現役時代に仲がよかったという理由だけで、浅香山親方(元大関・魁皇)も貴乃花親方と行動をともにすると書くなど、かなり無理矢理な記述が目立った。



 一方の日刊ゲンダイも、時津風一門から離脱した3親方について「時津風一門を離れるのは、前回の選挙で貴乃花一門を支持したみそぎ」で「来年の理事選挙で貴乃花一門を支持しない」などと書いているが、これは完全に的外れだ。



 他の親方らの間では貴乃花支持から離脱する動きが出ているのはほんとうだが、あの3親方については、次の理事選で貴乃花親方を支持するのは明らかだという。実際、そうでなければ、わざわざ離脱する理由がないだろう。



 いずれにしても、両陣営に割れたマスコミが理事選を前に、それぞれ、自分のくっついている陣営に勢いがあるとアピールし始めたというわけだ。しかも、そこには、かなりのフェイクニュースがまじっている。



 相撲協会の不祥事隠蔽の手伝いから始まって、排外主義丸出しのモンゴル力士バッシング、さらには貴乃花親方vs八角理事長の多数派工作宣伝部隊の役割まで演じ始めたマスコミ。ここまで検証してきてなんだが、「どうでもいいわ」とつぶやくしかない。

(林グンマ)


このニュースに関するつぶやき

  • 歯切れの悪い記事!こんなんじゃ、最後は得意の「アベが悪い!」と書くんだろうな?
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定