ホーム > mixiニュース > コラム > 紗倉まなが絶対許せないAV女優への侮蔑発言とは? もの言う女優、アイドル攻撃の背景にある女性蔑視の構造

紗倉まなが絶対許せないAV女優への侮蔑発言とは? もの言う女優、アイドル攻撃の背景にある女性蔑視の構造

79

2018年03月05日 15:11  リテラ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リテラ

写真写真
『高専生だった私が出会った世界でたった一つの天職』(宝島社)

 女性専用車両乗り込み運動や伊藤詩織さんへのバッシングなど、相も変わらず差別に満ちた女性攻撃が頻発しているが、そんななか驚くような告白が話題となっている。



 AV女優・作家の紗倉まなが「週刊プレイボーイ」(集英社)2018年2月12日号に掲載された落合陽一との対談のなかで、こんな驚きの証言をしたのだ。



「一番イラッとすることは、何を言っても『肉便器』って言われることですね」

「以前言われたのは、『おまえいろいろ物事を多く語って、まるで文化人気取りだな』みたいな。『肉便器は黙って脱いでろ』って言われたことがあって」



 紗倉はこれまでに、AV女優を主人公にした『最低。』(KADOKAWA)、家族関係を題材にした『凹凸』(KADOKAWA)と、2作の小説を出版。文学関係者からも非常に評価が高く、『最低。』のほうは昨年11月に映画化もされている。また、エッセイ連載などで、家族問題や社会問題について語ることも少なくない。



 先にあげた「肉便器」なる暴言は、彼女のそういった活動を指してのものだと思われるが、あまりにひどすぎる最低な女性蔑視発言だ。



 しかし、紗倉はこんな暴力的な差別にも、屈することなく、毅然と対峙している。



 前掲対談のなかで紗倉は「AVをやってる人間が自我を出したりすると、興奮されにくくなるとか、こういう映画が出ると『どんな気持ちでAV見たらいいんだ』っていう声もありまして、確かにその心理もすごくよくわかります」と客観的な状況把握をしつつも、だからといって「肉便器は黙って脱いでろ」などという意見には一切与するつもりはないと語る。



「それでもAVの表現と書き物の表現はやっぱり譲れないところが強い軸として心の中にあって。編集者の方とも、『ギャルっぽい口調に直すのやめてください』とか、バトルになるくらい話し合っています。自分が妥協したくないことと、世間が求める商品価値ってものすごく差があるなと感じながら」



●紗倉まなはAV女優へのスティグマと戦い続ける決意を語った



 紗倉が文章を書く仕事をしている理由のひとつに、AV女優という職業に対する世間から差別意識をなくしたいという思いがあるのは間違いない。



 事実、映画『最低。』の記者会見で、「この作品の一つの意図として、AV業界で働く人々へのスティグマ(偏見・負の烙印)をなくしたいという意図はありましたか?」と質問された紗倉は、「もともとそういう気持ちはずっと思い続けて、いまもそういう自分は仕事をしているということもあるので、ずっと偏見はなくなればいいなと思っていたんですけれども、ある種AV女優も普通の一人の女の子なので、年間1000人以上の方がAVデビューしていると言われてるんですけれども、それだけいるということは、やはりそれだけの女の子の普通の日常もあるということで、そこを描けたらいいなという思いで本は書かせていただきました」と答えている。



 しかし、現実には、AV女優たちにはひととひとりの個性はほとんど認められず、少し個性を出そうとするだけで、紗倉が浴びた「肉便器は黙って脱いでろ」などと同じような差別的言葉が投げつけられる。



 いや、AV女優だけではない。日本では、女優やモデル、アイドルといった職業についている女性がほんの少しでも自分の意見を言うと、ことさらに炎上する傾向がある。



 その典型が水原希子だ。水原はアメリカ人の父と在日韓国人の母との間に生まれた出自をあげてヘイトスピーチを浴びせられるなど、ネットがもつ匿名性の暴力の被害が特に著しい芸能人。現在の日本の芸能界のなかで、ことさらに水原だけが執拗な攻撃を受ける背景に、韓国ヘイトというグロテスクな差別感情があるのはもちろんだが、もうひとつ、彼女が自分の意見を口にする女性であることは無関係ではないだろう。



●水原希子がバッシングにさらされた背景にある女性蔑視



 元々はモデルとしてキャリアをスタートさせた水原。メディアではファッションについて質問を受ける機会も多いのだが、そういった際も、「男ウケとかモテとか私の中にはないです」「男ウケする為に見た目を変えた所で、結局は中身が大事だと思う。思考などを共有出来ないと、意味がないと思うし、見た目だけで好きになってもらっても、それって相手に嘘ついてる事になると思う」(ウェブサイト「モデルプレス」より)といったように、はっきりと「自分のためのファッション」を打ち出し、「愛されメイク」といったような言葉がもてはやされる状況とは180度真逆の主張を打ち出している。



 また、昨年9月、水原がCM出演しているサントリー「ザ・プレミアム・モルツ」の公式ツイッターアカウントに〈日本人じゃないのに!通名と同じ作戦か!?サントリーは当分、不買だろ〉などといったヘイトコメントが多数書き連ねられて社会的な問題となったときですら、彼女は「言うべきことは言う」という態度を貫き通した。



 つまり、こういう風に自分の意見をきちんと口にすることが、女性を蔑視することで自分のプライドや優位性を保とうとする男たちにとって我慢ならないのだ。



 また。彼らにとって、女優、モデル、アイドルは自分たちの性的な欲望を充足させるための道具でしかなく、その記号的価値を逸脱する行為は"裏切り"となる。だから、女優やモデルが少しでも社会的な発言をすると「文化人気取りだな」と舌打ちをし、それがAV女優になると「肉便器は黙って脱いでろ」という発言を浴びせかけるのだ。



●女優やモデル、アイドル、AV女優が性的価値以外許されない社会



 そういう圧力がさらに激しいのが、アイドルだ。アイドルの場合は、社会的発言どころか"処女性"を逸脱するような発言をするだけで、炎上してしまう。



 女性を攻撃する男たちは、女優やモデル、アイドル、AV女優がそういう性的な欲望に立脚したビジネスをしているのだから当たり前だ、などと反論するが、一体何を寝ぼけたことを言っているのか。演技や作品でそういう表現をしているからといって、なぜひとりの女性としての意見まで、男の欲望にあわせ、支配されなければならないのか。



 こんなグロテスクな考え方がいまも批判されることなく流通しているというのは、やはりこの国に社会に「男は女を支配するもの」「女は男の性の道具」という考え方が強固に残っているからだろう。



 しかし、幸いなのはジャンルを問わず、こうした差別や圧力に対して毅然と立ち向かう姿勢を示す女性が増えていることだ。



 紗倉まなは、前出「週刊プレイボーイ」で、世間からの偏見に晒され、それでもブレずに立ち続けていく決意をこのように語っている。



「やっぱりAVは本職として長く続けたいと思っているんですけど、規制は多いし、常に圧迫されてる感じはあって、それを排除できればすごく楽だろうなと思っていまして。いろんな表現でそれを打開できればいいなっていうのはあるんですけど」



 ジャンルを問わず、こうした女性たちの表現活動、意見表明をこれからも応援していきたい。

(本田コッペ)


このニュースに関するつぶやき

  • 言いたい事は解るが…では、彼女の出たAVに(肉便器)のキャプションの場合、彼女が拒否&破棄出来るのか…。彼女は(アーティスト)では無く(プロ)と言う話だべ?
    • イイネ!11
    • コメント 1件
  • 肉便器ってはっきり本音言われるとつらいわね。事実だもの。
    • イイネ!31
    • コメント 10件

つぶやき一覧へ(56件)

あなたにおすすめ

ニュース設定