ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > それ間違ってない?美容と健康にいいチョコの選び方・食べ方

それ間違ってない?美容と健康にいいチョコの選び方・食べ方

1

2018年03月06日 19:02  ごきげん手帖

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ごきげん手帖

写真Life & Beauty Report(LBR)
Life & Beauty Report(LBR)

チョコレートには、美容・健康効果があることが話題になっていますね。とはいえ、お砂糖も入っているし、「どんなチョコレートを、どれだけ食べたら良いの?」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?


チョコレートの美容・健康効果を活かしたチョコレートの選び方、食べ方をご紹介します。



美容・健康をサポートするチョコレートの注目成分2つ


(1)カカオポリフェノール


チョコレートの原材料であるカカオは、ポリフェノールが豊富です。


カカオポリフェノールには、抗酸化力に加え、血液と血管の健康を守る働きのあることがわかっています。血液の流れをスムーズに保つことは、冷えや腰痛、肩こり、生理痛、むくみなど、さまざまな不調の改善をサポートします。


ポリフェノールが豊富なことで知られる赤ワインと比べても、その含有量は4.6倍! 少量でもしっかりポリフェノールを摂ることができる食材です。


(2)カカオプロテイン


意外かもしれませんが、カカオは食物繊維が豊富な食材です。


カカオに含まれるタンパク質(カカオプロテイン)は、胃酸などの消化液で分解されにくく、大腸にそのまま届いて食物繊維と同じような働きをする難消化性タンパク質です。


血液の流れとともに、美容と健康の要となるのが、腸内フローラ。カカオプロテインは、食物繊維と同じような働きをすることで、腸内環境美化もサポートします。



美容と健康に役立つチョコレートの選び方・食べ方



(1)カカオ70%以上のチョコレートを選ぶ


カカオポリフェノールやカカオプロテインは、カカオの成分です。ですから、カカオ含有量の多いカカオ70%以上の高カカオチョコレートを選びましょう


(2)1日25gを目安に


カカオプロテインは、腸内で不溶性食物繊維のような役割をします。日頃から野菜や果物が少なく食物繊維不足で便秘がちな方には、おやつで食物繊維を摂ることができるのは嬉しいですよね。


さらに、高カカオチョコレートを食べることで、総合的な肥満の抑制効果が期待されている短鎖脂肪酸を産生する腸内細菌も増えるのだとか。


高カカオチョコレートであれば1日25gで効果を実感できるそうですから、1日25g(一般的な板チョコ約1/2)を目安に食べましょう


(3)アーモンド入りもOK


高カカオチョコレートが苦手という方におすすめなのが、アーモンド入りダークチョコレートです。


カカオポリフェノールやカカオプロテインの含有量は減りますが、アーモンドのポリフェノールや食物繊維が加わります。


アーモンドチョコレートであれば、1日8粒で便秘の改善や美肌効果が期待できるそうですよ。


美容や健康に役立つとはいえ、お菓子の食べ過ぎはNG。適量を守って、「食べてキレイ」を実践したいですね。


ライタープロフィール


美養フードクリエイター・中医薬膳師 岩田まなみ


料理教室Manami’s Kitchen主宰。パリのEcole Ritz Escoffierにてフランス料理を学びDiploma取得、本草薬膳学院にて薬膳を学び、中医薬膳師の資格を取得。自著「ヤセ菌が増えて太らない食べ方」(2016年・自由国民社)。コラム執筆、雑誌、TVなど多数のメディア出演実績がある。


【保有資格】


・Ecole Ritz Escoffier Diploma ・中医薬膳師 ・健康リズムカウンセラー ・味覚カウンセラー(スタンダード)


【あわせて読みたい】
カカオ70%以上が正解!高カカオチョコレートが美と健康に良い理由
・食べればキレイに!? 美容家がえらぶ進化系チョコレート3選
・1日8粒でうるおい肌に!?アーモンド入りチョコレート最強説!・
・チョコレートで痩せ体質に!?ヤセ菌が増えるチョコの選び方


【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
・ダイエットに今日から始めたい!ヤセ菌が増える食べもの5つ
・おにぎり&スープは痩せにくい!?ランチ選びの落とし穴3つ
・その食習慣NGかも?かくれ肥満になりやすい人の特徴4つ
・見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ


【参考】
※5分で分かる効果 カカオポリフェノール・カカオプロテイン – 明治
※チョコレートで便通改善!? – 明治
※日本初!チョコレートの新たな健康効果 高カカオチョコレートの継続摂取で、腸内環境をより健康にに〜短鎖脂肪酸を産生する有用菌の増加を確認〜 明治と帝京大 9月29日に発表会実施 – 明治
※アーモンド入りチョコレートの継続摂取が便通改善および肌質改善効果を示唆 〜1月17日 チョコレートフォーラムで発表〜 – 明治


    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定