ホーム > mixiニュース > コラム > 愛人と独立のビートたけしを新潮が「洗脳状態」と報道! 一方、文春は独立問題を一行も書かずにたけしの小説を掲載

愛人と独立のビートたけしを新潮が「洗脳状態」と報道! 一方、文春は独立問題を一行も書かずにたけしの小説を掲載

2

2018年03月26日 15:41  リテラ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リテラ

写真3月22日発売の「週刊新潮」と「週刊文春」
3月22日発売の「週刊新潮」と「週刊文春」

「オフィス北野」を独立し、愛人と一緒に設立した新事務所「T.Nゴン」に移ったビートたけし。"100億円の愛人"とも言われる愛人へのハマりっぷりに、"第二のやしきたかじん"的トラブルに発展するのではないか、と危惧されたが、状況はそれ以上のようだ。



 本サイトでは前回の記事で、たけしの独立が、たけしと愛人による「オフィス北野」・森昌行社長のパージ、利権の独り占めが目的だったことを指摘したが、現在発売中の「週刊新潮」(新潮社)3月29日号が、「『殿ご乱心』の声も上がる電撃独立の舞台裏」との特集で、その詳細を暴露したのだ。同誌によると、たけしの様子は、複数の関係者から"洗脳""マインドコントロール"という言葉さえ出ているほどの状態だという。



 まず、同誌が指摘したのは、たけしが仕事に愛人をかかわらせているという事実だった。それは、世界的名声を得ている映画の撮影でも起きているという。「週刊新潮」には、2015年4月公開の映画『龍三と七人の子分たち』の撮影現場での様子がこう紹介されている。



「その日は1人の女性が(たけしの)隣に座っていて、一緒になってモニターを見ているので、現場に冷めた空気が流れていたのです」(芸能関係者)



 これまでたけし映画といえば、そのほとんどがオフィス北野が製作、配給を行い、また一心同体と言われていた同社社長の森昌行社長がプロデュースを行ってきた。撮影現場でもたけしの傍に寄り添うのは森社長だったが、それもすでに3年も前から愛人にとってかわられていたということらしい。



 また、たけしが出演したドラマにも口を出してきたこともあったという。それは2016年の『ドクターX〜外科医・大門未知子〜 スペシャル』(テレビ朝日)にたけしが出演した際のことだ。



「それは橋本マナミとのキスシーンで、撮影があったことを知った横井さん(記事での愛人の仮名)は"冗談じゃない!""許せない!"と怒ったらしい。たけしさんは周囲に"橋本マナミとキスしたもんだからオネーチャンに叱られて叱られて"と言い、"あのシーン何とかならないかな"という相談までしていたそうです」(テレビ局関係者/「週刊新潮」より)



●「オフィス北野に運転資金残した」は嘘、逆に株を買い取らせたたけし



 しかし、最大の異変は、お金に無頓着だったたけしが急に、金に執着を見せはじめたことだった。「週刊新潮」には以下のような証言も掲載されていた。



「それまで金のことに無頓着だったのに、急にオフィス北野の社員がもらっている給料の額や、会社の株のことを気にするようになったのです。そして、テレビ局の中などで、"あいつらは給料をもらいすぎだ"などと、森社長らの悪口を言うようになった」

「ちょうど1年ほど前、(妻や息子の会社に振り込んでいた)その振込先を全て『T.Nゴン』に変更してしまったのです。たけしさんが描いた絵の権利も、次々と新しい会社に移していった」(業界関係者)



 また、3月16日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)では、出演したガダルカナル・タカが、たけしが株を処分したことで「びっくりするくらいのお金を残してくれている」と告白してそれがあたかも美談のように伝えられたが、これも、新潮によると、事実はまったく逆だという。



「あれも事実とは逆。たけしさんがオフィス北野の役員を辞め、株を処分したのは事実です。しかし、株はオフィス北野に買い取らせたのであり、この処分によって資金を手にするのは、会社ではなく、たけしさん。ガナルカナル・タカもたけしさんもその点を勘違いしている」(業界関係者)



 こうした問題を指摘しているのは「週刊新潮」だけではない。「女性自身」(光文社)4月3日号にも愛人と金銭をめぐる驚くべき事実が指摘されている。記事によると、たけしと愛人が設立したT.Nゴンが、今年1月にA種類株式という増資をしたというのだ。種類株式というのは普通株式とは権利内容が異なり、強力な権限を持つとともに、いくつかの権利を重複して付与するなど特別な条件を付与したもの。たとえば普通株式は権利の内容が原則平等でなければならないが、種類株式は剰余金の配当、残余財産の分配、株主総会における議決権行使などにも"優先"し、有利な取り扱いを受けることができる。



 そしてT.Nゴンの種類株式にはたけし死亡後について想定した記載まであるという。記事には司法書士のこんなコメントが紹介されている。



〈「増資したのは『A種類株式』というものですが、その株式の所有者は、非常に強力な権限を持ちます。《A種類株主が死亡したときは......》という条件が記載されているのも非常に珍しいですね」



●「週刊文春」は一行も書かず、19ページに及ぶたけしの小説を掲載



 こうしたたけしの変化と愛人との関係をいくつものメディアが指摘するなか、まったく違う動きを見せたメディアがあった。それが3年半前、愛人の存在をスクープし、今回の独立劇の端緒をつくったといえる「週刊文春」(文藝春秋)だ。今回もさぞかし強烈な"文春砲"が炸裂するのかと思ったら、期待とは裏腹にたけしの独立劇や愛人について、一行も書かなかったのだ(水道橋博士が連載で触れただけ)。そして掲載されていたのが、たけしの書き下ろし小説だった。



 この小説は「ゴンちゃん、またね。」というタイトルで、たけしが「週刊文春」のために書き下ろした18ページに及ぶ一挙掲載の中編小説。新事務所と同じく愛犬の"ゴンちゃん"をタイトルにしているのも興味深いが、さらに挿画2点もたけしの作品が使用されている。その内容はうだつのあがらない小説家志望の男と"ゴン"の触れ合いと、その後に起こる事件が描かれたものだが、このタイミングで、一体どういうことなのか。



「3年半前の愛人スクープに、たけしはかなりうろたえ、また愛人にも叱責されて、関係者がその対策に奔走したようです。その結果の手打ち、バーターが今回の小説だったようです。掲載のタイミングが偶然だったか、意図的だったのかはよくわからないのですが、「週刊文春」に今後、たけしのスキャンダルが掲載されないことだけは確かでしょう」(出版関係者)



 実は、新潮社がたけしバッシングに走ったのも、このバーターが背景にあったのではないかといわれている。



「たけしは、ここ最近はむしろ新潮社とのほうが関係が深く、昨年出版した『アナログ』をはじめ数多くの作品を新潮社から出版してきた。ところが、"文春砲"を恐れたのと、愛人の意向で文春にのりかえた。それで新潮が"たけしを徹底的にやろう"という空気になったんじゃないかといわれています」(前出・出版関係者)



 愛人にハマって、自分を支えてくれたスタッフを裏切ったうえ、姑息なバーター。いまのたけしは、あらゆる意味で、晩節を汚してしまくっているというしかない。

(林グンマ)


このニュースに関するつぶやき

  • たけしも老いらくの恋に頭をやられましたね。
    • イイネ!17
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定