ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 春から強まる紫外線対策に!4月からはじめる3分美白習慣

春から強まる紫外線対策に!4月からはじめる3分美白習慣

2

2018年04月01日 19:01  ごきげん手帖

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ごきげん手帖

写真Life & Beauty Report(LBR)
Life & Beauty Report(LBR)

春になり、だんだんと紫外線が気になるようになってきましたね。関東近郊の日中の紫外線は、春から強い値を示す割合が多くなってくるというデータもあり、美白を気にする人には気が抜けませんね。


そこで今回は、1分でできる美白習慣を4つご紹介します。4月からの新しい習慣にしてみてはいかがでしょう。




(1)朝のトマトジュース習慣



トマトに含まれるリコピンには、日焼け予防やメラニン色素の生成を抑制するため、美白作用があると考えられています。


生のトマトを食べるのでもいいですが、トマトの完熟具合によってリコピンの含有量が異なることと、トマトジュースの方がリコピンの含有量が多いので、美白効果を期待したいのならば、トマトジュースがおススメです。


また、実験により、最も吸収率がよい時間帯が朝ということもわかっているので、朝飲むのが吉! 4月からの新習慣にしてみましょう。


(2)1日1杯の味噌汁



味噌に含まれる「遊離リノール酸」はメラニン合成を抑制する働きがあることがわかっています。また、発酵食品である味噌は腸内環境を整えてくれる働きも期待されています。


1日1杯のお味噌汁は美白だけではなく、身体にもよさそう。美容と健康のためにも、1日1杯のお味噌汁を新しい習慣にしてみては?


(3)野菜と果物を食べる



野菜と果物に多く含まれるビタミンCにもメラニン色素の沈着を防ぎ、透明感のある肌を維持する効果があるため、美白効果が期待できると考えられています。


ビタミンCの吸収率は約90%と高く、体内に吸収されやすい性質を持っているのだそう。


抗酸化作用も高く、アンチエイジング効果も期待できるので、3食でバランスよくとりいれたい栄養素ですね。


(4)日焼け止めを塗る



紫外線は季節別に見ると、夏に強く、冬に弱くなるということがわかっています。顔など衣類などで覆うことのできないところには、日焼け止めを活用するといいですね。


日焼けは老化の要因ともいわれているので肌の老化防止のため、自分にあった日焼け止めを使いましょう。


いかがでしたか? どれも簡単に始められるので、ぜひ試してみてくださいね。


ライタープロフィール


ベジ活アドバイザー・(一社)食べてキレイになる協会理事・生井理恵


日本野菜ソムリエ協会で野菜ソムリエなどの資格を取得後、食べてキレイに健康になることでQOLをあげることを目的とした社団法人を設立。企業やレストランへのメニュー提案やレシピ、商品監修も精力的にこなす他、講演や食育活動もおこなう。著書に「ママとキッズの楽しいベジ活」(ワニブックス)がある。食べてキレイになる料理教室主宰。


【保有資格】


野菜ソムリエ/ベジフルビューティーアドバイザー/食育マイスター



【あわせて読みたい】▽目指せ美白美人!おすすめ食材やレシピはこちら
食べる日焼け止めで内側から美白ケア!おすすめ食材4選・紫外線に負けない美白肌は、朝の「リコピン」でつくる!・お酒を飲んでもキレイな私!二日酔い防止&美白を叶える最強食材・美白やダイエットに◎!女性の味方・ラズベリーの働き4つ


【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】・ダイエットに今日から始めたい!ヤセ菌が増える食べもの5つ・おにぎり&スープは痩せにくい!?ランチ選びの落とし穴3つ・その食習慣NGかも?かくれ肥満になりやすい人の特徴4つ・見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ



【参考】
※紫外線 – 環境省
※ビタミンC – わかさの秘密
※第7回 みそと美白効果 2/2 – タケヤ味噌
※リコピンと美白・美肌に関する研究 – カゴメ
※オススメは朝or夜?トマトの栄養リコピンを効率良く摂る方法 – カゴメ
※リコピン – わかさの秘密


    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定