ホーム > mixiニュース > コラム > 「首相案件文書」問題であの田崎史郎が「僕"でさえ"本当は会ってると思う」と本音をポロリ

「首相案件文書」問題であの田崎史郎が「僕"でさえ"本当は会ってると思う」と本音をポロリ

4

2018年04月13日 10:31  リテラ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リテラ

写真12日の『羽鳥慎一モーニングショー』に出演する田崎氏
12日の『羽鳥慎一モーニングショー』に出演する田崎氏

 加計学園「首相案件文書」は愛媛県知事がその存在を認めたのに続いて、農水省でも見つかった。柳瀬唯夫首相秘書官(当時)の「記憶の限り(愛媛県関係者と)会っていない」発言は完全に嘘がバレバレ、安倍首相もいよいよ言い逃れできない状況になってきた。



 そんななか、あの田崎史郎・時事通信社特別解説委員がもらした一言が話題になっている。12日の『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)でスシロー氏はなんと「僕でさえ(柳瀬首相秘書官は)本当は会ってると思う」と発言したのだ。



 せっかくなので、詳しく紹介しよう。始まりは、"首相案件"文書や 11日の国会での様子がVTRで流されたのち、コメンテーターの玉川徹氏が田崎氏に詰め寄ったことだった。



「それ、まだね。ここも否定しているんですよ。(柳瀬氏は職員と)会ってないと言っているんですよ」

「田崎さん、どうなんですか。これ、まだ未だに。だってもう文書出てきてるんですよ。国と地方という違いはあっても行政の方から。で、県知事も認めているような形で出てきてるのに、まだ否定しているのってどういうことなんですか」



 すると田崎氏は「"私の記憶の限りでは"という注釈つきでで否定されているんですが......」と話し始める。玉川氏はきっといつもの擁護が始まると思ったのだろう。機先を制するように「どんな記憶力ない人なんだ?」とツッコミを入れる。すると、田崎氏は玉川氏に反論せず、こう続けたのだ。



「いや、あの、明らかに逃げを打っている印象ですよね。だから本当は会ってるんじゃないの、っていう疑問は、僕でさえも思います」



 意外な答えに思わず爆笑する玉川氏。続いて羽鳥アナも「田崎さんが僕で"さえ"って、言ってしまう」とつっこみ、田崎自身、自分の発言がウケたことに気を良くしてか、なんだかうれしそうに一緒に笑っていたのだった。



●応援団の安倍離れが!読売新聞も文書の信ぴょう性を裏付ける証言を報道



 今さら説明するまでもないが、田崎氏は、自他共に認める"官邸の代弁者""安倍首相応援団"。モリカケ問題でも、アクロバティックとしか思えない論理を駆使して、必死で安倍政権を擁護してきた。今回の「首相案件」文書問題でも、「文書の正確さについては、留保したほうがいい」「官僚は首相ではなく総理と呼ぶ」などと文書をデタラメと主張し、安倍官邸のほうを擁護していた。



 そんな田崎氏がなぜ、柳瀬首相秘書官の嘘を認めるような発言をしたのか。さすがにこの一件はかばう理屈が見つからなかったのか。



 しかし、一方では、「僕でさえ」発言は、安倍首相に見切りをつけた田崎氏の本心が思わずもれちゃった結果ではないか、との見方もささやかれている。たしかに、田崎氏はかつて小沢一郎べったりだったのに、安倍政権が勢いがあると見るや、いつのまにか安倍応援団におさまっていたという、機をみるに敏な人物。そんな変わり身の早い田崎氏が、安倍首相にそろそろ見切りをつけようと考え始めていてもおかしくはない。



 実際、安倍離れを始めているのは田崎氏だけではない。御用新聞・読売新聞が12日午後、首相案件文書の信憑性を裏付ける記事を出したのだ。



 しかも、記事は、出席者の一人が読売新聞の取材に、柳瀬氏との面会について「間違いない」と証言し、柳瀬氏から「首相案件」との言葉があったことも認めたという決定的なもの。



 政権べったりで、加計問題では官邸のリークに乗って、前川喜平・前文科事務次官の出会い系バー通いまで報道した読売がこんな記事を出すというのは、信じられない事態だ。



「読売という組織はトップ、つまりナベツネの許可がないとこんな記事は絶対に出さない。官邸は、相当なショックを受けているし、この記事は永田町では"読売が安倍おろしを始める合図ではないか"と受け止められている」(全国紙政治部記者)



 昔から、読売が政権叩きを始めると政局が始まる、というのはよくいわれる。今度こそ、安倍政権はヤバいかもしれない。

(編集部)


このニュースに関するつぶやき

  • 「僕でさえ」? 極左暴力集団で活動して逮捕された奴が何言うかwww
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • 国家戦略特区ですから、首相案件だと思います。隠さなくても良いのです。会っていたとして悪いことではありません。それを批判する人がいるからもめるのです。
    • イイネ!13
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(3件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定